スポンサードリンク

農業研修を決める前の3つの注意点

a0002_002586

新規就農をしよう、農家になる、と考えて

農業研修を決める前に注意する点を挙げます。

 

・「充実した農業研修」は注意

研修プランが豊富で、さまざまな体験ができる農業研修があります。

野菜・果樹・稲作・家畜・花など、多くの作物を作ったり飼育したり。

 

しかし、多くの体験ができることで満足してしまいます。

農業は、生産したものを売りさばいて、収入にします。

今日は田植え、明日はジャガイモ掘り、など多くの作業を

経験するのはいいのですが、出荷できるほどの収量を

得るためには、地道な作業をずーっと続ける忍耐力や段取り、

一連の作業をより早くこなすことが重要です。

楽しい部分だけを、つまみ食いになって

農業を勘違いしないように注意です。

 

・「他の従業員と同じ内容」に注意

農業法人での研修で、

その法人の従業員と同じ仕事をさせてもらう研修です。

従業員と同じ内容の仕事をするので

実際に就農した時と同じような体験となり

いいのではないかと思うかもしれません。

確かに、「就農すればこのような仕事になる」という

研修の意味はあるでしょう。

 

しかし、反面では農業法人にとって安い労働力と

思われていないか、就職の保証はあるのか、

独立に向けて役立つ内容か、注意です。

 

・「農業のよさを知ろう」に注意

農業研修で、初めて栽培を体験する作物があったり

みんなで苗の定植をしたり収穫をしたり

しんどい作業が多い中でも、喜びがあるものです。

そういった、「農業のよさ」は初めてでも

実際に農業を始めた後でも同様です。

 

そういった、「農業のよさ」だけでなく

雨の日や寒い日に、手がかじかみながらする作業

炎天下に給水しながら汗だくでする作業が

あってこそ、収穫の喜びがあります。

 

 

 

農業研修のパンフレットやホームページでは

楽しそうな写真や、たくさんの体験談が載っていて

良い事ばかりのように考えてしまいがちです。

何を体験し、何を学ぶか、よく考えましょう。

 

また、研修先の今までの研修生が近くで就農していれば

将来像を描きやすいです。

研修後はどのように住居・農地・販路などを確保したか

質問できる環境も有利です。

 

イメージしている農業生活と、実際にそこに住んでいる

農家の生活のギャップを埋める作業でもあります。

農業研修前も、農業研修中も、

ただその時の作業を進めるだけではなく、

「農業を始めると、こういった作業をする」

「農家の仕事の段取りや流れ」

を考えて、将来の姿を想像しましょう。

 

農業企業の待遇はどの程度?

a1180_007822

農業を始めたいけど、資金が足りない・費用や経験が整ってから、という方も多いでしょう。

農業という自営業は、初期投資が多大でありながら所得は直ぐに出ないし、天候などに左右されやすいです。

 

そこで、農業企業つまり農業法人へ就職する道を模索する人もいるでしょう。

今は多くの企業が農業分野へ進出しています。求人は探せばかなりあります。

 

気になるのが、待遇です。

給料はいくらか、休日はどのくらいあるのか、労働内容は?

 

おそらく、都市部や街で働いている方からみれば、良くないです。

月給では10数万円くらい、20万円に届かない求人が多いでしょう。

地方なら一人で暮らしていけるレベルですが、家族を持てば研修と割り切って、となります。

 

休日も、月に4回か5回、週休1日程度が多いです。

農繁期・農閑期と忙しい時期と作業があまりない時期はどうしてもあるため

休日の増減はあるでしょう。

 

労働内容は、農産物の栽培はもちろん、出荷のためのトラックの運転や

農業機械の整備、出荷の梱包(箱詰め)、直売所の運営など生産から販売まで多岐に渡ります。

 

以上の話から、どうしても待遇が悪いと考え勝ちですが

雇う側からすると、売上から人件費を出すのは農業ではとても大変です。

また、地域の大きめの企業と同じくらいの給料を出す優良な農業法人も少しながらあります。

規模の大きさもありますが、販路がしっかりしていて

利益を上げている農業法人なら年収に期待できるでしょう。

ある企業では、社員の年収が300万~500万円というものがあります(求人があるかどうかは分かりません・・)。

 

何より、今仕事をしているのでしたら、その会社や店がどのくらいの売上があり

人件費がどの程度使われているか、経営者目線で学んでおくのも役に立ちます。

農家になろう、とは?

a0002_006080

今まで経験もなく、実家も農業に関係がないという条件で、これから農家になろう!!

と、お考えになれば、それは起業です。

※通常、起業と言えば、独立して事業を起こすことです

もちろん、農業法人に就職したり、農家でアルバイトをしたり雇ってもらったりすることもありますが

自分で農業を始めるとなれば、起業することです。

 

ゼロから農業を始めようとすると、何からすればいいか?さっぱり分からないと思います。

全国の先進農家を歩き回って、農業経営や栽培技術を身につけて、借金をせず

最低限の中古の軽トラや農機具を購入して、農業起業して軌道に乗せた方もいらっしゃいます。

しかし、見知らぬ土地へ入って地域の住民との高い壁は想定外で、その後は地域活動への

積極的参加や、農家同士のつながりを大切にして、地域に溶け込んだそうです。

 

また、農業をしたいと考えてから、どこで?何を作る?という

最初の一歩も決まっていないかもしれません。

漠然と、自然に近い仕事を・・・、土を触って・・・、だけですと大変な勘違いになってしまいます。

 

このブログ内でも記載していますが、農業体験や研修で、実際の現場に足を運び、現状を知ってほしいです。

そうすれば、どんな場所で、何を作ろうと、思いを巡らすことができます。

 

農家になりたい、とお考えで、どうしても何から始めていいか分からない場合は

何らかの行動のきっかけになればと思います。

もし、迷っているようでしたら簡単ですが個別にアドバイスします。

 ↓↓↓↓ ↓↓↓↓ ↓↓↓↓ ↓↓↓↓ ↓↓↓↓ ↓↓↓↓

お名前 (必須)(ニックネームOKです)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

好きな時間の労働と休日

a1180_007147

農業は自由業です。
好きな時に働き、好きな時に休む、というのも全くの自由です。
間違いありません、収穫や収入を気にしなければ。

農業の形態によりますが
果樹や野菜、稲作は、いつ頃にどんな作業をするか偏っています。
ですので、忙しい時期は朝から晩まで、しっかりと働きますし
する作業が無い時や、天候でできないときは、お休みとなります。

周年栽培(ハウスなどで年中栽培して収穫する農業)や畜産ですと
家族や雇った人に任せないと休みが取れないです。

理想の経営をするために
農家グループで栽培や飼育を助け合ったり、出荷したりして
安定した農業・収益を計画することもあります。

 

一例として野菜農家の夏場の一日をあげましょう。

夏は昼間がとても暑く、主な仕事は朝夕の涼しい時間帯になります。

朝は夜明け前に起き、5時頃から仕事を始めます。葉野菜だと早朝に収穫をします。

仕事前に朝食を済ませるか、収穫作業の途中の休憩で、朝食をとります。

収穫に時間がかかれば昼前までしますが、そうでなければ早めの11時までには午前の仕事は終了。

そして、午後は3時まで休憩(暑いのでこの時間帯に睡眠をとります)。

午後3時から仕事を開始して、追肥・除草など畑仕事をします。

面積が広ければ夕暮れまで続きます。そして農作業が終わって夕食に。

天気や日照に合わせて仕事が回っています。

出荷の無い日や、除草などの作業を別の日にするなどで、その日を休日にすることもあるでしょう。

 

どのような生活スタイル・農業経営がしたいか
それにより、休日だけでなく仕事にもやりがいが持てます。

農家になることは、自己裁量で仕事時間と休日を決めることができます。

自然の中での仕事

a0940_000385

農業は自然の中にあって成り立つ産業です。

(例外的に、植物工場やウィンドウレス養鶏場がありますが)

大地を耕し種を蒔き、太陽光と雨により生育する植物。

その植物を栽培する人も、その環境の中で仕事をします。

どの仕事より、四季を感じることができるのです。

春は、自然の草花が生え育ち、周囲に緑が多くなるのが分かります。
夏は、強い太陽光がありますが、木陰で休みながら飲む麦茶がとても美味しいです。
秋は、収穫することが多い時で、紅葉が楽しめます。空が高く感じられます。
冬は、寒いですが積雪や霜が見られます。どんよりとした雲がより寒くさせます。

気候・天気・気温・日照など、普通なら雨か晴れかくらいしか気にしていない
自然現象がどれも敏感になり、毎日毎時のように意識するようになります。

このように、自然を目だけでなく、肌でも常に感じられるようになります。

 

農家になると、大雨や干ばつなど都合の悪い天気を気にしがちですが

普段は、晴れ・曇り・雨か、暑い・寒いか、そういった天気予報で聞く言葉を

いつもの農作業中に体感することになります。

カテゴリー別

▲トップへ戻る