スポンサードリンク

北海道で農業を始める

a1180_007822

「北海道で農業を始めるには」

 

他の県との違いは、

  • ・広大な田畑(規模の大きさ)
  • ・酪農が盛ん
  • ・離農場所の居抜き

でしょう。

田畑が広大であることは、誰もが想像できることでしょう。

そのスケールメリットも理解できるところです。

しかし、規模が大きいため、どうしても機械化は不可欠です。つまり大資金が必要です。

また、冬場は植物が育ちません。夏が勝負になってきます。

 

北海道農業担い手育成センターでは、研修・居住・農業経営・資金などの支援が用意されています。

例えば、研修支援ですが、北海道内での新規就農者向けの研修受け入れ市町村の紹介があります。

研修期間は2年以上が基本になっています。農業普及センターや役所の農業担当課や

農業委員会、農協と連携して進めていく必要があります。

 

また、一部の市町村には住宅補助や家賃保障など、住居や生活の一部に対して補助金が支給されます。

だいたい、家賃の2分の1で、上限が1万円~2万円が多いです。

 

 

北海道では、畜産・酪農のイメージがとても強いですが、研修では稲作や野菜も多いです。

冷涼な夏に、他では春秋にできる野菜を作って、時期違いの作物を全国へ出荷できます。

畜産・酪農は売上も大きいですが、初期投資が莫大です。廃業したところを居抜きで譲り受けると

大幅に初期の経費が少なくて済みます。

 

このように北海道では、他の県とは違った環境や農業経営で、農業を始めることができます。

畜産・酪農は年中の仕事ですが、稲作・畑作は夏場が勝負です。

まずは、北海道の気候や地域性を知るために、農業体験や農業研修から入るのが無難です。

酪農ヘルパーとは

a0002_009000

酪農ヘルパーとは、酪農家の代行をするお仕事です。

搾乳や餌やり、牛舎の掃除など、酪農家が休日をとれるように、代わって仕事をします。

特に搾乳は、1日2回必ずしなければならず、乳牛の生死にかかわることです

家族親戚の冠婚葬祭や、怪我・病気での入院など、どうしても仕事ができない日がでることもあるでしょう。

この仕事は、国や自治体の後押しもある事業です。

 

酪農ヘルパー全国協会という、酪農家と酪農ヘルパーを結ぶ事業体があります。

まずは酪農作業の体験後に、募集をしている酪農組合に問い合わせをして

就職活動をすることになります。

酪農体験実習は、全国協会でも行われています(これは資格試験ではありません)。

主に北海道ですが、東北・関東・関西・九州などで酪農ヘルパーの募集があります。

 

 酪農組合に就職という形になりますが、組合に入っている酪農家へ行って働きます。

酪農家も大変な仕事ですが、ヘルパーとして行くのも、体力面できつかったり

酪農家の経営者・従業員との相性もあります。

酪農に興味があり、将来その地で農業を始めようと思って経験するにはいいでしょう。

酪農体験を通して、強い決意で決めてほしいです。

北海道・東北の農業大学校

a0002_009000

・北海道立農業大学校

(特徴)畜産科(乳牛・肉牛)などがある。
    新規就農者向けの、研修部門(一般研修・機械研修)がある。

(ホームページ) http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ns/ngd/index.htm

  続きを読む »

農業インターンシップとは

a0001_009225

いろいろ農業についての知識があっても
実際はどうなんだろうとお考えになる方がいらっしゃると思います。

そんな農業体験を全国各地することができます。

続きを読む »

カテゴリー別

▲トップへ戻る