スポンサードリンク

酪農ヘルパーとは

a0002_009000

酪農ヘルパーとは、酪農家の代行をするお仕事です。

搾乳や餌やり、牛舎の掃除など、酪農家が休日をとれるように、代わって仕事をします。

特に搾乳は、1日2回必ずしなければならず、乳牛の生死にかかわることです

家族親戚の冠婚葬祭や、怪我・病気での入院など、どうしても仕事ができない日がでることもあるでしょう。

この仕事は、国や自治体の後押しもある事業です。

 

酪農ヘルパー全国協会という、酪農家と酪農ヘルパーを結ぶ事業体があります。

まずは酪農作業の体験後に、募集をしている酪農組合に問い合わせをして

就職活動をすることになります。

酪農体験実習は、全国協会でも行われています(これは資格試験ではありません)。

主に北海道ですが、東北・関東・関西・九州などで酪農ヘルパーの募集があります。

 

 酪農組合に就職という形になりますが、組合に入っている酪農家へ行って働きます。

酪農家も大変な仕事ですが、ヘルパーとして行くのも、体力面できつかったり

酪農家の経営者・従業員との相性もあります。

酪農に興味があり、将来その地で農業を始めようと思って経験するにはいいでしょう。

酪農体験を通して、強い決意で決めてほしいです。

住み込み農業

a0002_009000

農家に住み込みでアルバイト・お手伝いをすることができます。

高原野菜やミカン・リンゴ、お茶、畜産など人手が必要な仕事です。

 

ボランティアとして食事付で住み込むところもあれば、時給・日給計算で食事代などを引いて

バイト代が支給されるところもあります。

 

・高原野菜

作業時間も、春から秋にかけて朝は日が昇る前から始まり、キャベツやレタスを

収穫し段ボールに詰めてトラックまで運ぶ肉体労働になります。

長野県は高原野菜で有名になりましたが、早朝から収穫作業が始まり、昼間の炎天下では休憩になります。

長時間の労働になり、休日も少ないことが多いのですが、田舎での仕事・生活パターンに慣れるまでは

大変です。ただ、期間中はお金を使うことも少なく(使う時間や使う場所があまりないため)、

収入のほとんどは貯金になるようです。

 

・果樹

果樹になると、収穫時期が2~3ヶ月くらいなので、期間が限定されます。

また、正社員の募集も多いのです。住み込みでも寮を完備しているところもあります。

 温暖地では柑橘類、高地や寒冷地ではリンゴ、施設園芸ではイチゴがあります。

収穫は人手でするので、人数が多く必要とします。

摘み取りから、収穫物のコンテナを運んで、その後に作業倉庫で選別をして。

 果樹は収穫まで長く時間がかかるので、古くからしている場所が多いです。

受け入れ経験の豊富なところが多いでしょう。

 

 ・酪農

北海道では、酪農の実習生の受け入れが盛んです。

早朝から搾乳をして、昼頃は長い休憩がある場合もあります。晩も遅くなるようです。

条件では、年齢制限があったり、必要な免許では普通免許・大型免許・けん引があります。

酪農に興味がある・将来は酪農をする・酪農ヘルパーになりたいなど、動機は様々のようです。

 ※酪農ヘルパー↓↓

酪農ヘルパーとは

 

 

カテゴリー別

▲トップへ戻る