スポンサードリンク

北海道で農業を始める

a1180_007822

「北海道で農業を始めるには」

 

他の県との違いは、

  • ・広大な田畑(規模の大きさ)
  • ・酪農が盛ん
  • ・離農場所の居抜き

でしょう。

田畑が広大であることは、誰もが想像できることでしょう。

そのスケールメリットも理解できるところです。

しかし、規模が大きいため、どうしても機械化は不可欠です。つまり大資金が必要です。

また、冬場は植物が育ちません。夏が勝負になってきます。

 

北海道農業担い手育成センターでは、研修・居住・農業経営・資金などの支援が用意されています。

例えば、研修支援ですが、北海道内での新規就農者向けの研修受け入れ市町村の紹介があります。

研修期間は2年以上が基本になっています。農業普及センターや役所の農業担当課や

農業委員会、農協と連携して進めていく必要があります。

 

また、一部の市町村には住宅補助や家賃保障など、住居や生活の一部に対して補助金が支給されます。

だいたい、家賃の2分の1で、上限が1万円~2万円が多いです。

 

 

北海道では、畜産・酪農のイメージがとても強いですが、研修では稲作や野菜も多いです。

冷涼な夏に、他では春秋にできる野菜を作って、時期違いの作物を全国へ出荷できます。

畜産・酪農は売上も大きいですが、初期投資が莫大です。廃業したところを居抜きで譲り受けると

大幅に初期の経費が少なくて済みます。

 

このように北海道では、他の県とは違った環境や農業経営で、農業を始めることができます。

畜産・酪農は年中の仕事ですが、稲作・畑作は夏場が勝負です。

まずは、北海道の気候や地域性を知るために、農業体験や農業研修から入るのが無難です。

九州の農業大学校

a0002_007415

・福岡県立農業大学校

(特徴) 研修科で、6ヶ月~1年の新規就農希望者のコースがあります。

     施設野菜と施設花きになります。大型特殊やけん引、フォークリフトなどの資格取得もあります。

(ホームページ) http://www.fuknodai.jp/

 

・佐賀県立農業大学校

(特徴) (新規就農支援情報はこの時点ではありません)

(ホームページ) https://www.pref.saga.lg.jp/web/shigoto/_1075/_32933/ns-nousisetu/sanoudai.html#tokusyoku

 

・長崎県立農業大学校

(特徴) 就農希望者向けの研修部があります(必要に応じた研修で、詳しくはお問い合わせください)。

(ホームページ) http://www.n-nourin.jp/~noudai/index.html

 

・熊本県立農業大学校

(特徴) 新規就農支援研修があり、プロ農家養成コース・実践農業コース・特別セミナー聴講コースがあります。

(ホームページ) http://www.pref.kumamoto.jp/site/noudai/

 

・大分県立農業大学校

(特徴) 研修部に就農準備研修があり、長期コース・中期コース・随時コースに分かれています。

     また、通信講座コースも最近できて、パソコンを利用して農業を学べるようにしています。

(ホームページ) http://www.pref.oita.jp/site/140/

 

・宮崎県立農業大学校

(特徴) 学内にみやざき農業実践塾があり、新たに農業を始めたい方の研修があります。

     経営実践コース(6ヶ月か1年)と基礎体験コース(インターネット使用)があります。

(ホームページ) http://www.majc.pref.miyazaki.lg.jp/

 

・鹿児島県立農業大学校

(特徴) 研修部門があり、かごしま営農塾というものがあります(詳しくはお問い合わせください)。

(ホームページ) https://www.pref.kagoshima.jp/ag25/nodai_hp.html

 

・沖縄県立農業大学校

 ※社会人向けの農業研修については、直接お問い合わせください。

(ホームページ) http://www.pref.okinawa.lg.jp/site/norin/nodai/index.html

四国地方の農業大学校

a0002_004523

・徳島県立農林水産総合技術支援センター 農業大学校

(特徴) 農業学びネットという、在宅でインターネットを使った講座があります(県内で農業を始める人対象)。

(ホームページ) http://www.tonodai.ac.jp/

 

・香川県立農業大学校

(特徴) 新規就農希望者向けの技術研修科があります。

     就農実践研修は農業の基礎を学ぶ1年コース、就農準備研修は初心者向けの4ヶ月コースです。

(ホームページ) http://www.pref.kagawa.jp/nodai/

 

・愛媛県立農業大学校

(特徴) 研修で、アグリビジネス講座があります。就農希望者向けには

     えひめ農業入門塾は年10回、農業担い手支援塾は年30回になります。

(ホームページ) http://home.e-catv.ne.jp/ehime-noudai/index.html

 

・高知県立農業大学校

(特徴) 新規就農者向けに、聴講生の募集をしています(募集期間などはご確認ください)。

(ホームページ) http://www.nogyo.tosa.pref.kochi.lg.jp/?sid=2010

中国地方の農業大学校

a1180_006131

・岡山県農林水産総合センター農業大学校

(特徴) 専修学校として、専門士の称号が得られます。

     大型特殊・小型建機 などの免許を取得できます。

(ホームページ) http://www.pref.okayama.jp/norin/nousou/noudai/index.htm

 

・公益財団法人 中国四国酪農大学校(岡山)

(特徴) 酪農専門の学校です。

     通常の入試での入学以外に、酪農フィールド研修科生(社会人・大学生対象)の

     募集もしています。1週間から2ヶ月の体験研修や実習研修があります。

(ホームページ) http://www.rakudai.ac.jp/index.html

 

・鳥取県立農業大学校

(特徴) 社会人の新たな就農者向けの研修課程短期研修科があり、3、6、12ヶ月の

     研修コースがあります。65歳未満で県内で就農する方が条件です。

(ホームページ) http://www.pref.tottori.lg.jp/noudai/

 

・島根県立農林大学校

(特徴) 新規就農者向けの1年間の農業研修があり、有機農業(水稲と野菜)・野菜・花き・

     果樹・肉用牛専攻のいずれかを選択することができます。

     そのほかにも新規就農者向けの研修コースが用意されています。

(ホームページ) http://www.pref.shimane.lg.jp/norindaigakko/

 

・広島県立農業技術大学校

(特徴) 農業機械の運転技術、大型特殊の免許についての研修があります。

(ホームページ) http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/daigakkou/

 

 ・山口県立農業大学校

(特徴) やまぐち就農支援塾という研修コースがあります。

     短期入門研修(数日)、作目基礎研修(原則日曜日)、担い手育成研修(1年)があります。

(ホームページ) http://www.nrs.pref.yamaguchi.lg.jp/hp_open/a17212/00000001/index.html

就農前によくある質問(農村生活の体験や実習は?)

a0007_002087

「農村生活の体験や農業実習(農業研修)はどうすれば?」

農業を始めるとなれば、農村での生活になるでしょうし、農業研修をしておこうとなります。

農業や農村生活の経験がまったくない人が新しく就農しようとする場合

その前に、栽培しようとする作物・飼育しようとする家畜に実際にふれて栽培や飼育を経験し

農村生活を知っておくことはとても大切です。


特に、技術的な面での経験をある程度は積んでおく必要があるでしょう。

それには、農業大学校など農業関係の学校で教育を受ける方法が考えられますが、

先進農家・農業法人に入って実習するのも1つの方法です。

身内に農家がいればよいのですが、いない場合には新規就農相談センターなどで探す必要があります。

 

ブログ内に農業大学校を簡単に紹介しています。

⇒ 九州の農業大学校

⇒ 四国の農業大学校

中国地方の農業大学校

甲信越・東海の農業大学校

関東の農業大学校

北海道・東北の農業大学校

 

 

カテゴリー別

▲トップへ戻る