スポンサードリンク

農業を始めるのにまったく知識や経験がない方へ その2

a1220_000008

農業に興味があるのに、「農業の知識や経験がない方」

どうすればいいのか。

 

野菜を作ってみたい、身近に農家がおらず農業を知りたい、

農業の仕事やバイトがしてみたい、など農業に興味があるが

どのように農業や農作業に携わることができるか、

それぞれのパターンで挙げてみました。

 

市民農園

家庭菜園やプランター栽培では物足りず、もう少し本格的に農業を

体験したり、時間をかけて農業に触れてみたい方には、市民農園や

農業体験がいいでしょう。

 

お住まいの市区町村や都道府県に、問い合わせると、市民農園(貸し農園)の

情報を得ることが出来ます。担当はそれぞれの自治体によって異なりますが

農政課、農業振興課、農林課、産業振興課などとなっています。

総合受付で確認した方がいいでしょう。

 

また、市民農園は地方自治体だけではなく、NPO法人や農協、農家、企業も

参入しています。

遊休地を利用したり、不在時に有料でサポートしたり、定期的な講習をしたり

サービスが充実している農園もあります。

 

私の知人も、地方都市の近郊で、農家ではないのですが、自らも栽培をしながら

市民農園の運営をしています。

車で、休日に通う形ですので、管理が十分に行き届かないところは

農園参加者や、主催の友人が協力して作物の面倒を見るようです。

無農薬・無化学肥料の有機野菜を、作りたい・食べたいという思考の

人たちに、じわじわと広まっています。

 

郊外には田畑が広がっているような地方ですが、ツテがないと田畑を借りる

というのは、なかなか機会がないようです。

このように、サービスがあって、市民農園の借り手同士で交流・協力できる

場所もあるかもしれません。

 

・農家民宿、農業体験ツアー、短期の農業研修

実際の農家や農園を訪ねて、短期間でも農作業を体験したり

農家の生活環境に入ってみたり、様々あります。

 

下記のホームページでは、農家民宿と体験を合わせた形の

農山漁村との交流促進を進めるグリーンツーリズムという活動です。

(ホームページ)http://www.ehime-gtnavi.jp/shisetsu/detail.php?rec=17

こちらは、山の中で経営者がご自身でログハウスを建てられました。

体験では、田植えや稲刈り、石釜でのピザ焼き、薪作りなどがあります。

田んぼの仕事に関しては、どうしても時期が限定されます。

 

同様に、他の農業体験でも、農作業には季節や天候、栽培作物によって

時期が限定されます。農業体験ツアーでは、

農業全体の流れや仕事を、体験することは難しいでしょう。

 

農家民宿や農業体験ツアーを主催してくれる農家や団体は、

参加者に、参加してよかったと思ってもらうために、

十分な準備をしてくれます(参加者が、十分と思わなくても、です)。

作業者ではなく、お客さんとしての扱いなので、

農作業の一部をさせてもらって、充実感は得られますが

農業の苦労や、段取り、手順など、一連の仕事を理解するのは不可能です。

 

ただ、農家民宿でも、農業体験でも、実際の農家さんとの話で

どのような大変なことがあるのか、農業をしていて良い事嫌な事は何か

直接、話が出来る機会としては、とても貴重です。

もしかすると、「腰が痛い」とか「虫に噛まれる」とか、かも知れません。

長野県で農業を始める

a0002_004523

「長野県で農業を始めるには」

 

長野県の農業の特徴は、

周囲を山に囲まれ、標高が高く冷涼な地域で、

寒冷地に向いている野菜や果樹が盛ん、ということです。

 

長野県と言えば、高原野菜です。

特にレタス・白菜の栽培が有名で、暑さに弱いため

夏から秋にかけて他見の出荷がない時期に長野産が出回ります。

内陸性気候のため、昼夜や夏冬の気温差が大きいです。

それを活かして、時期をずらして栽培できる野菜・果物が

関東へ出荷されています。

 

では、なぜ長野県の高原野菜が有名なのでしょうか?

標高が高く冷涼なため寒暖差を利用して、味の深い野菜が作れる、大消費地に近い。

など理由が考えられますが、一番大きいのは

端境期に出荷できる」ということです。

 

商品(農作物)が少ない時期に、収穫・出荷できるというのは

農家にとって大変嬉しいことなのです。

逆に、豊作でも値段が低いと、利益が少なかったり

逆に収穫すればするほどコストがかかって、損をすることもあります。

豊作貧乏という言葉があるとおです。

 

端境期に出荷できるという点では、同じく寒冷地である、北海道もそうです。

本州では冬にできるものが、北海道や長野県ではもう少し暖かい時期に成育します。

北海道では、冬が厳しすぎて栽培が全くできない・輸送距離がある、

という条件がありますが、長野県では、それに比べて有利です。

 

  

長野県も、就農相談・新規就農研修の制度があります。

長野県での新規就農をお考えでしたら、

こちらが相談窓口になります。

長野県新規就農情報

(ホームページ)http://www.pref.nagano.lg.jp/noson/sangyo/nogyo/shinki/nogyo/

 

 

岡山県で農業を始める

「岡山県で農業を始めるには」

 

岡山県の農業の特徴は、

・瀬戸内海に面する南部の温暖な土地と、

 中国山地や高原のある寒冷な北部の土地

・どの農畜産物も盛ん

ということです。

 

岡山県は、北部では畜産、南部では果樹・野菜・花き

が主な農畜産物になります。

岡山県も、就農相談・新規就農研修の制度があります。

岡山県での新規就農をお考えでしたら、

こちらが相談窓口になります。

(参照)岡山県農林漁業担い手育成財団

    http://www.okayama-ninaite.com/soudan/index.php

 

新規就農者の多くは、行政の窓口がきっかけです。

過去の事例からアドバイスを頂けるでしょう。

 

まず、生計が立てられないと続けられないので

何を生産して、どう販売するか

いくら売上ができて、そのための経費は?

ということがとても大事になります。

 

・地域行事・慣習が許容できるか

・見知らぬ土地であれば、農業知識や地域情報を

 世話してくれる、頼れる人物がいるか

・家族の同意があるか

という点も欠かすことはできません。

 

是非、農業をしてみたい土地・地方があれば

足しげく、その地へ通って

就農相談 → 農業体験・農家民宿 → 農業研修

という順序で時間をかけてみてほしいです。

 

こちらは、農業体験と研修に関してです。

岡山県の新規就農研修制度

(ホームページ)http://www.okayama-ninaite.com/taiken/index.php

 

最後に僕から一言ですが

農業に興味を持って、始めようという方に。

家庭菜園や自然環境に関心が高く

野菜を作りたい・家畜を飼いたいと思って

農業・畜産業をしようと考えるのはよくあると思います。

ただ、

牛をのびのび放牧させたい、キャベツの苗が大きく結球した

という農業の喜びがありますが

それらがキチンと収入になって生活ができなければ

とてもやっていけません。

しっかりと収入になってこそ

作物や家畜に愛情を注げられる余裕が出てきます。

収入が目当てでなければ、趣味や家庭菜園に止めましょう。

・・・自己反省文になりましたが(泣)。

千葉県で農業を始める

「千葉県で農業を始めるには」

 

千葉県の農業の特徴としては、

・温暖で農地が多い

・消費地に近く立地条件がいい

ということです。

 

千葉県は関東でも農業の最も盛んな県です。

また、農業を始めたい方への支援も充実しています。

「新規就農相談」「農業への就職紹介」「農業支援資金」など

千葉県の公益法人の千葉県青年農業者等育成センターがあります。

(ホームページ) http://www.chisuikou.jp/syuunou.htm

青年就農給付金に関しても、千葉県のサイトに分かりやすく掲載されています。

(ホームページ) http://www.pref.chiba.lg.jp/ninaite/kyuhukin/kyuhukin.html

 

また、千葉県で農業を始める方も多くいます。

稲作・路地野菜・酪農・施設野菜・果樹・花き・養鶏と多岐に渡ります。

そのような新規就農者の農家での援農(農作業の手伝い)や農業体験ができれば

農家になる手順や、農業を始める動機・実態を早く知ることができます。

 

 農業を始めようと考える時、押さえていてほしいことが

行政の相談窓口では、相談員の方は新規就農の経験がないということです。

今までの新規就農者の事例を多く見ているので

そのような情報を手に入れるのは、手っ取り早いです。

 

どのような形態や生活で、農業をやっていきたいか

農業体験や農業研修の形で、先輩の新規就農者の道のりを探りましょう。

就農前によくある質問(どんな作物を・・)

a1180_010692

「どのような作物や家畜をすればいいか、わかりません。」

 そのような場合。

あらかじめその目標を明確にする必要があります。

農業経営の形をイメージしてみて、同しような営農組織をみて歩いたり

手伝ってみたり、経営主の話を聞いたりして、やりたい農業経営のイメージを固めることが重要です。

 

<実現の可能性を確かめるポイント>

・農業体験の有無(知識、技術、技能の蓄積程度)
・農地が取得できるか、借りることができるか
・農業開始に当たって資金が確保できるか
・当面の生活資金(農産物の販売収入が得られるまで)
・肥料、農薬、農業資材、等の営農資金
・機械、施設や農地を取得するための資金
・健康か、農業の労働力が確保できる

ということになります。

これらをクリアして、具体的に何をしようか行動へ移せます。

 

詳しい相談や農業体験・農業研修は、全国新規就農相談センターでも受け付けています。

相談は、メール・電話・面談があります。

体験は、農業団体や就農準備校(農業大学校)でできます。

 

カテゴリー別

▲トップへ戻る