スポンサードリンク

就農前によくある質問(農村生活の体験や実習は?)

a0007_002087

「農村生活の体験や農業実習(農業研修)はどうすれば?」

農業を始めるとなれば、農村での生活になるでしょうし、農業研修をしておこうとなります。

農業や農村生活の経験がまったくない人が新しく就農しようとする場合

その前に、栽培しようとする作物・飼育しようとする家畜に実際にふれて栽培や飼育を経験し

農村生活を知っておくことはとても大切です。


特に、技術的な面での経験をある程度は積んでおく必要があるでしょう。

それには、農業大学校など農業関係の学校で教育を受ける方法が考えられますが、

先進農家・農業法人に入って実習するのも1つの方法です。

身内に農家がいればよいのですが、いない場合には新規就農相談センターなどで探す必要があります。

 

ブログ内に農業大学校を簡単に紹介しています。

⇒ 九州の農業大学校

⇒ 四国の農業大学校

中国地方の農業大学校

甲信越・東海の農業大学校

関東の農業大学校

北海道・東北の農業大学校

 

 

就農前によくある質問(就農場所をどう選ぶか)

a0002_004523

「就農場所はどう選べばいいのか?」

 

田舎の農村に入って生活し、農業を始める場所が、どこでもいいというわけではないでしょう。

山間部もあれば、平地もあり、また海岸に近いところや島もあります。

家族子供がいると、スーパー、学校や病院などの施設が近くにある方がいいと考えるかもしれません。

希望する地域を選定することは職業を選ぶのと同等に大切です。

「どういう農業をやりたいか」

「どういうところで生活したいか」

就農候補地で、イメージにあう農地があるかどうかを問い合わせることもできます。

またその地域の特色があります。

注意するべきは、その地の雰囲気や景色だけでイメージすると、後で後悔します。

訪問し旅行で行くには良さそうでも、住んでみると不便だったり地域に馴染めなかったりします。

本格的に就農して定住する前に、体験などで、その地域に宿泊したり行事に参加したり

してみるのが一番いいです。

 

「どんな作物を作りたいか、この作物はどんな地域で作ることができるのか」

といったことも地域を選ぶための一つのポイントになります。

農業生産の現場や地域の特徴から考えて、

今後、生涯生活するのにふさわしいところを選定しましょう。

新規就農相談センター

a0960_005150

47都道府県には、新規就農相談センターが設置されています。
各都道府県で名称は異なりますが、「~農業会議」「~農林水産振興財団」「~振興課」などです。
主に、県庁や農協の関連施設内にあります。

相談センターなので
・農業ってどんな仕事?
・農業を始めるには何をすればいいの?
・農業体験してみたい
・農業に就職したい
といった疑問質問を、個別で相談したり、情報収集したりできます。

実際に行動に移す時には、農業を始めようと思う都道府県の新規就農センターへ
問い合わすのがいいでしょう。

・農地に関して
・研修先や技術、経営に関して
・助成金や補助金などの資金の相談
・農業機械の取得について

具体的なイメージができ始めて、何をすればいいか、何が必要か
少しずつですが、見えてきます。

 

農業を始めるにはどうすればいいか、農家になるためには・・

農業を職業にしたい、農業に向いているか知りたい、など

農業に関して興味・関心がある場合、どこに相談したり話をしたりしていいか

分からない場合、そういった最初の窓口になってくれます。

 

直ぐに農業をする訳ではないが、いずれ農業を目指す人で、よくある質問が

  • というものがあります。

カテゴリー別

▲トップへ戻る