スポンサードリンク

長野県で農業を始める

a0002_004523

「長野県で農業を始めるには」

 

長野県の農業の特徴は、

周囲を山に囲まれ、標高が高く冷涼な地域で、

寒冷地に向いている野菜や果樹が盛ん、ということです。

 

長野県と言えば、高原野菜です。

特にレタス・白菜の栽培が有名で、暑さに弱いため

夏から秋にかけて他見の出荷がない時期に長野産が出回ります。

内陸性気候のため、昼夜や夏冬の気温差が大きいです。

それを活かして、時期をずらして栽培できる野菜・果物が

関東へ出荷されています。

 

では、なぜ長野県の高原野菜が有名なのでしょうか?

標高が高く冷涼なため寒暖差を利用して、味の深い野菜が作れる、大消費地に近い。

など理由が考えられますが、一番大きいのは

端境期に出荷できる」ということです。

 

商品(農作物)が少ない時期に、収穫・出荷できるというのは

農家にとって大変嬉しいことなのです。

逆に、豊作でも値段が低いと、利益が少なかったり

逆に収穫すればするほどコストがかかって、損をすることもあります。

豊作貧乏という言葉があるとおです。

 

端境期に出荷できるという点では、同じく寒冷地である、北海道もそうです。

本州では冬にできるものが、北海道や長野県ではもう少し暖かい時期に成育します。

北海道では、冬が厳しすぎて栽培が全くできない・輸送距離がある、

という条件がありますが、長野県では、それに比べて有利です。

 

  

長野県も、就農相談・新規就農研修の制度があります。

長野県での新規就農をお考えでしたら、

こちらが相談窓口になります。

長野県新規就農情報

(ホームページ)http://www.pref.nagano.lg.jp/noson/sangyo/nogyo/shinki/nogyo/

 

 

静岡県で農業を始める

a0002_007415

「静岡県で農業を始めるには」

 

 静岡県の農業の特徴は、

・温暖で日照時間が長い

・太平洋に面した平野と北部の山間部の傾斜地と、耕作面積が広い

・お茶、みかん、わさびなどの特産品が有名

です。

 

農業をこれから始めようという方には、農業支援もあります。

新規就農相談や支援に関しては静岡県農業振興公社

お問い合わせができます。

(ホームページ)http://www.shizuoka-nk.or.jp/ninaite1.htm

 

 

また、静岡県の新規就農者養成研修があります。

施設栽培で、イチゴ・トマトなど作物はほぼ決まっていますが

すでに研修・就業の実績があり、受け入れ態勢が整っています。

条件では、年齢が概ね45歳以下、非農家出身(又は第2種兼業農家出身)

第2種兼業農家とは、農業所得を得ているが、農業以外の収入の方が多い農家です。

先進農家や農業法人での研修になります。

研修後に農業法人への就職も考えられます。

前例に倣った農業になるので、型にはまった農家になることから

始めると決めた方には、取り組みやすいでしょう。

(静岡県ホームページ)http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-320/newfarmerkensyuu.html

 

「新規就農者が増えても、サポートが充実していなければ

 就農後の生活ができず、離農してしまうだけ」

と早く気づいた、JA伊豆の国は、農業で生計が立てられるように

この静岡県の新規就農制度である、「がんばる新農業人支援事業」を使って

農業の栽培技術だけでなく、経営者としての指導や、

就農後の指導にも力を入れているようです。

伊豆の国市は、平地でハウス栽培が盛んですが、

ミニトマト農家の大半は、新規就農者ということです。

また、地域に新規就農した農家の8割くらいが、

売上1500万円に達しているということです。 

宮崎県で農業を始める

「宮崎県で農業を始めるには」

 

 宮崎県の農業の特徴は、

・全国有数の畜産、野菜の生産(宮崎牛、ブロイラー、大根、キュウリなど)

・冬場の、長い日照時間や温暖な気候による栽培に強い

ということです。

 

日照・気候を活かして、施設園芸農業(ビニールハウス栽培)が多く

他の地域との差別化で、出荷時期をずらす工夫をしています。

大消費地からは遠いので、野菜でも保存のできる作物も多いです(切り干し大根など)。

 

農業県ですが、やはり高齢化のため農業就業人口は減少傾向です。

新規就農者への行政の支援も整っています。

宮崎県新規就農相談センター

(ホームページ)http://www.mnk.or.jp/sinki/sikin.html

就農相談から、就農計画、研修、就農支援資金について

お問い合わせができます。

 

研修先は、先進農家や農協・農業法人がありますが

相談したり訪問したり、担当者の人脈などを頼る形でしょう。

農業のジャンル(露地野菜、ハウス野菜、畜産など)を固める、

農業体験や農家民宿を利用して現地の農業関係者と接触するなど

個人的なつながりを持つことが大切です。

 

イメージだけだと、実際に農業を始めてみると

「こんなはずではなかった」

ということになりかねません。

農業で生計を立てるのなら、

・どこで、作物は何にするか(生産)

・どこへ販売するか(出荷・販売・営業)

・どのような設備や農業機械が必要か(事業計画)

など、個人事業として収入支出と利益を考えて

就農計画や農業研修に臨んで欲しいです。

 

近年は、宮崎県で口蹄疫や鳥インフルエンザが流行ったり

ハウス栽培での燃料費高騰があったりと農業の環境は厳しいです。

しかし、そのため廃業をするところも多く、新しく入っていく方は

歓迎されやすいでしょう。

農業形態や土地、周囲の人、それぞれがマッチするところを探してください。

認定就農者になろう

認定就農者とは、

都道府県から農業経営を始めることを

認定された人のことです。

 

認定就農者になる条件は

・就農計画認定後10年以内

・農業経営開始後5年以内

 

認定就農者になると

・就農支援資金を無利子で借りられる

・農業近代化資金と農業改良資金で優遇される

というメリットがあります。

 

単に、農業を始める時は、市町村の農業委員会

農地を取得・賃借する許可を得れば、農家になれます。

 

しかし、この認定就農者は、都道府県から認定されます。

就農までの研修と、就農してからの計画を「就農計画」として作成します。

就農予定の市町村役場や農業委員会、農協、普及所などと相談して

何度も手直しして「就農計画」を作成しなければなりません。

作物は何か、いつどこで農業を始めるか、どこで技術習得するか、

資金をどう工面するか、販売方法をどうするか、詳しく書かなければなりません。

 

認定農業者というものがありますが、

農業経営基盤強化促進法という法律に基づく

農業経営改善計画を提出し、

市町村の認定を受けた農家や農業法人です。

農業経営の改善を支援するもので、

新規就農を考えている段階では

ほとんど関係しないと思われます。

 

 初めから、大きな借金を背負うことなく

経費を抑えつつ、確実に収益が上がるよう

堅実な計画を立てるべきです。

しばらくは、農業を断念する農家は

高齢化のため多いです。

倉庫には農業機械や農業資材が眠っている可能性が高いです。

地域に溶け込み、継承者と認められれば

安く、若しくは無料で譲ってもらえる時がくるかもしれません。

 

岡山県で農業を始める

「岡山県で農業を始めるには」

 

岡山県の農業の特徴は、

・瀬戸内海に面する南部の温暖な土地と、

 中国山地や高原のある寒冷な北部の土地

・どの農畜産物も盛ん

ということです。

 

岡山県は、北部では畜産、南部では果樹・野菜・花き

が主な農畜産物になります。

岡山県も、就農相談・新規就農研修の制度があります。

岡山県での新規就農をお考えでしたら、

こちらが相談窓口になります。

(参照)岡山県農林漁業担い手育成財団

    http://www.okayama-ninaite.com/soudan/index.php

 

新規就農者の多くは、行政の窓口がきっかけです。

過去の事例からアドバイスを頂けるでしょう。

 

まず、生計が立てられないと続けられないので

何を生産して、どう販売するか

いくら売上ができて、そのための経費は?

ということがとても大事になります。

 

・地域行事・慣習が許容できるか

・見知らぬ土地であれば、農業知識や地域情報を

 世話してくれる、頼れる人物がいるか

・家族の同意があるか

という点も欠かすことはできません。

 

是非、農業をしてみたい土地・地方があれば

足しげく、その地へ通って

就農相談 → 農業体験・農家民宿 → 農業研修

という順序で時間をかけてみてほしいです。

 

こちらは、農業体験と研修に関してです。

岡山県の新規就農研修制度

(ホームページ)http://www.okayama-ninaite.com/taiken/index.php

 

最後に僕から一言ですが

農業に興味を持って、始めようという方に。

家庭菜園や自然環境に関心が高く

野菜を作りたい・家畜を飼いたいと思って

農業・畜産業をしようと考えるのはよくあると思います。

ただ、

牛をのびのび放牧させたい、キャベツの苗が大きく結球した

という農業の喜びがありますが

それらがキチンと収入になって生活ができなければ

とてもやっていけません。

しっかりと収入になってこそ

作物や家畜に愛情を注げられる余裕が出てきます。

収入が目当てでなければ、趣味や家庭菜園に止めましょう。

・・・自己反省文になりましたが(泣)。

カテゴリー別

▲トップへ戻る