スポンサードリンク

就農前によくある質問(どんな作物を・・)

a1180_010692

「どのような作物や家畜をすればいいか、わかりません。」

 そのような場合。

あらかじめその目標を明確にする必要があります。

農業経営の形をイメージしてみて、同しような営農組織をみて歩いたり

手伝ってみたり、経営主の話を聞いたりして、やりたい農業経営のイメージを固めることが重要です。

 

<実現の可能性を確かめるポイント>

・農業体験の有無(知識、技術、技能の蓄積程度)
・農地が取得できるか、借りることができるか
・農業開始に当たって資金が確保できるか
・当面の生活資金(農産物の販売収入が得られるまで)
・肥料、農薬、農業資材、等の営農資金
・機械、施設や農地を取得するための資金
・健康か、農業の労働力が確保できる

ということになります。

これらをクリアして、具体的に何をしようか行動へ移せます。

 

詳しい相談や農業体験・農業研修は、全国新規就農相談センターでも受け付けています。

相談は、メール・電話・面談があります。

体験は、農業団体や就農準備校(農業大学校)でできます。

 

関東の農業大学校

a0002_004523

・栃木県 農業大学校

(特徴) 本科は2年、研修科は1年。
     就農準備校に、新規就農希望者研修と定年帰農希望者研修がある。
     他に、とちぎ農業ビジネススクール・食と農の起業家養成研修など。

(ホームページ) http://www.nodai.pref.tochigi.lg.jp/

・群馬県立農林大学校

(特徴) 林業のコースがある。
     農林部の社会人コースは1年間。
     ぐんま農業実践学校(半年)があり、新規就農者・定年帰農者向けコースがある。

(ホームページ) http://www.gunma-iaf.ac.jp/

・茨城県立農業大学校

(特徴) 研修科に関して、新規就農者向けには、いばらき営農塾・農業機械研修がある。
     そのほかに、農業ふれあい体験がある(近隣の幼稚園児など対象)。

(ホームページ) http://www.pref.ibaraki.jp/nourin/nodai/

・鯉淵(こいぶち)学園農業栄養専門学校(茨城県)

(特徴) 就農者向けのアグリビジネス科と、食品栄養科がある。
     修業年数は2年間で、大学入学資格があれば、社会人自己推薦ができる。

(ホームページ) http://www.koibuchi.ac.jp/

・日本農業実践学校(茨城県)

(特徴) 学科には、社会人対象の1年間の専修科がある。
     研修では、3ヶ月の農業実践コースと1ヶ月の中期農業研修コースがある。
     体験には、短期農業体験と、就農準備校がある。

(ホームページ) http://www.nnjg04.com/index.html

・埼玉県農業大学校

(特徴) 全科に入試があるが、社会人経験者向けに、1年間の短期農業学科がある。

(ホームページ) http://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/k31/

・千葉県立農業大学校

(特徴) 新規就農者向けの研修科があり、農業研修科と機械化研修科がある。
     農業研修科では、就農準備講座・農業者養成研修・就農実践研修とステップアップできる。

(ホームページ) http://www.pref.chiba.lg.jp/noudai/index.html

 

・日本農業経営学校

(特徴) 高校卒業予定者や未経験者は、先進の農業経営体で3ヶ月~1年の体験を積むことになります。

(ホームページ) http://jaiam.afj.or.jp/

 

・かながわ農業アカデミー

(特徴) 新規就農者育成研修が年度ごとにあります。農業を始めたい方の相談受付があります。

     また、農業に関心のある方へ、3日間の農業体験コースがあります。

(ホームページ) http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f1068/

カテゴリー別

▲トップへ戻る