スポンサードリンク

中高年の農業再就職

a0027_002834

「中高年になって農業を始めるのは?」

 

長く会社員をやって、第2の人生を田舎に移って農業を始めようとお考えの方。

また、会社の倒産や人員整理(リストラ)で止む無く転職先として農業法人をお考えの方。

 

年齢的に農業ができるか、考えていきます。

各課題を見ていきます。 

 

・肉体的労働に耐えられるか

農業をするのに、どうしても重いものを持ち上げたり、運んだりする場面は

多いです。ただ、現在の農業は高齢化で60代、70代は普通に働いています。

最初は高齢者にも劣るくらい仕事ができないかもしれませんが、農業を始めて

1年2年すれば慣れてくるでしょう。

農業では、ある程度はトラクターや運搬車などの農業機械のお世話になります。

農業収入を十分に得るためには、機械を使いこなすくらいでなければ

十分な生産ができないでしょう。

また農業では、かがんだ姿勢が多かったり、長時間の作業がかなりあります。

腰痛や肩こりで身体を痛めている高齢者が周囲には多いです。

 

 

・低収入の生活や初期投資(就農する際の預貯金)

都道府県や市町村で、就農支援がありますが

ほとんどの場合、年齢制限があります。

今もっとも注目がある、『青年就農給付金』は、就農時に45歳未満です。

県では、青年向けとは別に、中高年向けの農業支援金があります。

ただ、この中高年というのも45歳以上65歳未満という条件が多いです。

更に、給付金や貸付金が青年より低くなっています。

 

・それまでのスキルの応用(営業・販売先、農業機械の操作・修理)

これまでの会社員での貯蓄があったり、

これまでの人脈を使った資材購入は販路開拓など

新規就農では有利な点があると思います。

もし、今されている仕事を続けるにしても

仕事で関わる人は大切にした方がいいです。

将来の転職や、独立開業の際に、頼りになる方が

いるかもしれません。

 

・田舎(地域)の受け入れ

家族で地域に移り住むことで、地域行事に参加することも期待され

お子さんがいれば、尚、地元の学校入学も期待されます。

地理的条件が悪ければ、空いている農地は多いです。

過疎高齢化が進んでいる地域では、現役世代がとても少ないです。

夫婦やお子さん連れでしたら喜ばれますし、

これから農業をしようとされるくらいですと

その意欲を買われて、地域の活動参加も期待されます。

農作業に支障がないよう,ペースを作る必要があります。 

 

・農業生産法人への就職

 農業生産法人の求人では、年齢不問・資格不問とある場合でも

経験者や、肉体労働をさせてもできる人に期待して採用します。

同じ日給や時給で働いてもらうなら、雇う側としては

若い人、長く続けられる人、農業経験者を選ぶでしょう。

 

もし、トラクターやコンバインなどの操作スキルがあったり

収穫コンテナや米袋の、重いものを運ぶことができる体力があれば

更に、既存農家や農協・普及所のアドバイスに素直に耳を傾けられれば

 人のツテを頼って就職かパートで仕事をすることができるでしょう。

農業は始めるよりも、続けることが難しいんです

今の仕事を辞めて農業を始めるのは
人生が変わる大決断です。
しかし、農業を続けていくことの方が実は難しいです。

農業を始めてしまって生活に困窮している人はもちろん
いずれ農業をしたい人や、農的暮らしに憧れがある人は
今のままでは既存の農家さんにはかなわないでしょう。

長く営農している農家さんは、
栽培ノウハウや農業機械や資材を持っています。
今から農業を始める人が、若くても意欲があっても簡単には敵いません。
しかし、野菜販売のネットショップを扱えることは
ベテラン農家が持っていない武器を持つことになります。


よく「農業は儲からない」と言われるじゃないですか。
それは、農産物の単価が低いからです。
直売所に並べたら他と同じような野菜になってしまいます。
ベテラン農家と同じ場所で売れば勝ち目はありません。

でも、「これだけ思いを込めて作りました!」という気持ちを
直売所ではなくネット上に持っていくとどうでしょうか。
そこにはベテラン農家の野菜はないでしょう。

新規就農者にとってはネット販売は
既存農家に勝てる数少ない場所です。

ネットショップを作ることは
今では簡単になりました。
かつてはホームページ作成業者に数十万円とかの経費を掛けて作るものでしたが、
今では作るだけなら無料でも出来ます。

そして、ネットショップを用意することで、
私のように直売所やイベント販売でアピールして
ネットでも購入して頂くリピーターもいます。


初めての方であれば難しいと想像するでしょう。
しかし、ネットショップのホームページだけなら
3つの項目を入力するだけでできます。

詳しくは、私のブログのこちらのページで書いています。

a0731_000665-3

ネット販売のためのPDFファイルメールマガジンもご用意しています。
お気軽にお読みください。

既存の農家さんも、ポツポツと始めつつありますので
早く知って取り組んで欲しいのです。

カテゴリー別

Comment

  1. 星野泰明 より:

    稲作農業を始めるにあたってどのような準備をしたらいいのかわかりません。
    教えてください。
    60歳未経験
    新潟県魚沼市です。

    • kimura より:

      星野様

      こんばんは、お返事が遅くなりました。
      稲作をこれから始めたいとのことですが、あの有名な魚沼市ですか。

      稲作は田んぼと機械が必要で、費用的に自前で揃えるのは大変です。
      採算の合う農業とするのは厳しいと思いますので
      始める準備の前に、市や県の新規就農支援センターのようなところにご相談されるといいと思います。

      もし、私が今住んでいる場所で稲作を考えるとすれば、
      農協や米農家さんの知り合いを作って、田植え・稲刈りなど農作業を請け負いながら
      徐々に田んぼを借りて、機械はリースして、自営の稲作を増やしてみると思います。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る