スポンサードリンク

住み込み農業

a0002_009000

農家に住み込みでアルバイト・お手伝いをすることができます。

高原野菜やミカン・リンゴ、お茶、畜産など人手が必要な仕事です。

 

ボランティアとして食事付で住み込むところもあれば、時給・日給計算で食事代などを引いて

バイト代が支給されるところもあります。

 

・高原野菜

作業時間も、春から秋にかけて朝は日が昇る前から始まり、キャベツやレタスを

収穫し段ボールに詰めてトラックまで運ぶ肉体労働になります。

長野県は高原野菜で有名になりましたが、早朝から収穫作業が始まり、昼間の炎天下では休憩になります。

長時間の労働になり、休日も少ないことが多いのですが、田舎での仕事・生活パターンに慣れるまでは

大変です。ただ、期間中はお金を使うことも少なく(使う時間や使う場所があまりないため)、

収入のほとんどは貯金になるようです。

 

・果樹

果樹になると、収穫時期が2~3ヶ月くらいなので、期間が限定されます。

また、正社員の募集も多いのです。住み込みでも寮を完備しているところもあります。

 温暖地では柑橘類、高地や寒冷地ではリンゴ、施設園芸ではイチゴがあります。

収穫は人手でするので、人数が多く必要とします。

摘み取りから、収穫物のコンテナを運んで、その後に作業倉庫で選別をして。

 果樹は収穫まで長く時間がかかるので、古くからしている場所が多いです。

受け入れ経験の豊富なところが多いでしょう。

 

 ・酪農

北海道では、酪農の実習生の受け入れが盛んです。

早朝から搾乳をして、昼頃は長い休憩がある場合もあります。晩も遅くなるようです。

条件では、年齢制限があったり、必要な免許では普通免許・大型免許・けん引があります。

酪農に興味がある・将来は酪農をする・酪農ヘルパーになりたいなど、動機は様々のようです。

 ※酪農ヘルパー↓↓

酪農ヘルパーとは

 

 

農業は始めるよりも、続けることが難しいんです

今の仕事を辞めて農業を始めるのは
人生が変わる大決断です。
しかし、農業を続けていくことの方が実は難しいです。

農業を始めてしまって生活に困窮している人はもちろん
いずれ農業をしたい人や、農的暮らしに憧れがある人は
今のままでは既存の農家さんにはかなわないでしょう。

長く営農している農家さんは、
栽培ノウハウや農業機械や資材を持っています。
今から農業を始める人が、若くても意欲があっても簡単には敵いません。
しかし、野菜販売のネットショップを扱えることは
ベテラン農家が持っていない武器を持つことになります。


よく「農業は儲からない」と言われるじゃないですか。
それは、農産物の単価が低いからです。
直売所に並べたら他と同じような野菜になってしまいます。
ベテラン農家と同じ場所で売れば勝ち目はありません。

でも、「これだけ思いを込めて作りました!」という気持ちを
直売所ではなくネット上に持っていくとどうでしょうか。
そこにはベテラン農家の野菜はないでしょう。

新規就農者にとってはネット販売は
既存農家に勝てる数少ない場所です。

ネットショップを作ることは
今では簡単になりました。
かつてはホームページ作成業者に数十万円とかの経費を掛けて作るものでしたが、
今では作るだけなら無料でも出来ます。

そして、ネットショップを用意することで、
私のように直売所やイベント販売でアピールして
ネットでも購入して頂くリピーターもいます。


初めての方であれば難しいと想像するでしょう。
しかし、ネットショップのホームページだけなら
3つの項目を入力するだけでできます。

詳しくは、私のブログのこちらのページで書いています。

a0731_000665-3

ネット販売のためのPDFファイルメールマガジンもご用意しています。
お気軽にお読みください。

既存の農家さんも、ポツポツと始めつつありますので
早く知って取り組んで欲しいのです。

カテゴリー別

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る