スポンサードリンク

青年就農給付金~給付要件と停止返還について

a1180_006131

青年就農給付金とは ~これから農業を始める人・農業法人に就職する人は必見!!

年間150万円が給付される青年就農給付金は、もうご存知かと思います。
地域でも、農業関係者の間ではよく話題にしています。
平成24年度から始まって、あまりの人気で応募者が殺到して予算オーバーしてしまい、
行政が希望者を絞り込む作業もしています。
実際に農林水産省が給付についての優先度について、農政局に通達が出ています。
これから農業を始める方には、最大で1050万円が給付されるものですから、
その条件をしっかり見てみましょう。

2つの種類(準備型と経営開始型)

この青年就農給付金は、2種類あって、
準備型(これから農業研修を経て、新規就農する人)と
経営開始型(すでに農業を始めて、就農5年以内の人)があります。
どちらも原則45歳未満となっています。
準備型は最長2年、その後経営開始型も含めると、最長7年になります。

準備型には、独立する場合以外にも、親元就農(経営の継承か共同経営者)や
雇用就農(農業生産法人に就職)になる場合も該当します。

給付要件のチェックと確認(準備型)

1.就農時に、原則45歳未満
2.研修計画が基準に適合していること
3.常勤の雇用契約を結んでいないこと
4.生活保護など、生活費を支給する国の他の事業の重複受給でないこと
5.青年新規就農者ネットワーク(一農ネット)に加入すること

解説です。
1.は問題ないと思います。原則ってあるので、場合によっては
45歳以上でも受け付けてもらえるかもしれません。

2.3.研修計画ですが、内容は市町村の担当課で相談することになります。
それと、研修場所(研修機関)は、その県によって決められています。
研修期間は1年以上で、年間1200時間以上となっています。
また、研修先は3親等以内の親族の経営ではなく、
過去に雇用関係を結んでいないこと(以前に正社員で働いていない)です。

給付停止や返還に関して

 返還の条件です。簡単にまとめました。
1.給付の要件を満たさなくなった時、研修を途中で休止・中止した時
2.研修報告を怠った時
3.研修現場で、適切に研修を受けていなかった時
4.研修後、1年以内に就農しなかった場合
5.就農後に一定期間(2~3年間)継続しなかった場合
6.就農後に一定期間、報告を行わなかった場合
7.虚偽申請した場合
8.(ザックリですが)農地や農業機械、生産・取引について農業経営をしていない場合

当然の条件もあるのですが、研修中や研修後の報告を怠っただけでも返還になるようです。
そして、研修後にキチンと就農していなければなりません。
更に、就農後も一定期間継続しなければ、全額返還になります(厳しい!!)。

給付停止に関しては以下の項目に記載します。

平成27年度からの給付金額の変動

これまでは、前年の所得が250万円を超えたら、給付停止になっていました。
平成27年度の新規給付対象者から、以下の給付金額に変わるようです。
前年の所得が100万円未満の場合は、150万円の給付
前年の所得が100万円以上~350万円未満の場合は、変動額((350万円-前年の所得)×3/5)給付
前年の所得が350万円以上の場合は、給付停止
経営開始1年目は150万円の給付になります。

 

農業は始めるよりも、続けることが難しいんです

今の仕事を辞めて農業を始めるのは
人生が変わる大決断です。
しかし、農業を続けていくことの方が実は難しいです。

農業を始めてしまって生活に困窮している人はもちろん
いずれ農業をしたい人や、農的暮らしに憧れがある人は
今のままでは既存の農家さんにはかなわないでしょう。

長く営農している農家さんは、
栽培ノウハウや農業機械や資材を持っています。
今から農業を始める人が、若くても意欲があっても簡単には敵いません。
しかし、野菜販売のネットショップを扱えることは
ベテラン農家が持っていない武器を持つことになります。


よく「農業は儲からない」と言われるじゃないですか。
それは、農産物の単価が低いからです。
直売所に並べたら他と同じような野菜になってしまいます。
ベテラン農家と同じ場所で売れば勝ち目はありません。

でも、「これだけ思いを込めて作りました!」という気持ちを
直売所ではなくネット上に持っていくとどうでしょうか。
そこにはベテラン農家の野菜はないでしょう。

新規就農者にとってはネット販売は
既存農家に勝てる数少ない場所です。

ネットショップを作ることは
今では簡単になりました。
かつてはホームページ作成業者に数十万円とかの経費を掛けて作るものでしたが、
今では作るだけなら無料でも出来ます。

そして、ネットショップを用意することで、
私のように直売所やイベント販売でアピールして
ネットでも購入して頂くリピーターもいます。


初めての方であれば難しいと想像するでしょう。
しかし、ネットショップのホームページだけなら
3つの項目を入力するだけでできます。

詳しくは、私のブログのこちらのページで書いています。

a0731_000665-3

ネット販売のためのPDFファイルメールマガジンもご用意しています。
お気軽にお読みください。

既存の農家さんも、ポツポツと始めつつありますので
早く知って取り組んで欲しいのです。

カテゴリー別

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る