スポンサードリンク

認定就農者になろう

認定就農者とは、

都道府県から農業経営を始めることを

認定された人のことです。

 

認定就農者になる条件は

・就農計画認定後10年以内

・農業経営開始後5年以内

 

認定就農者になると

・就農支援資金を無利子で借りられる

・農業近代化資金と農業改良資金で優遇される

というメリットがあります。

 

単に、農業を始める時は、市町村の農業委員会

農地を取得・賃借する許可を得れば、農家になれます。

 

しかし、この認定就農者は、都道府県から認定されます。

就農までの研修と、就農してからの計画を「就農計画」として作成します。

就農予定の市町村役場や農業委員会、農協、普及所などと相談して

何度も手直しして「就農計画」を作成しなければなりません。

作物は何か、いつどこで農業を始めるか、どこで技術習得するか、

資金をどう工面するか、販売方法をどうするか、詳しく書かなければなりません。

 

認定農業者というものがありますが、

農業経営基盤強化促進法という法律に基づく

農業経営改善計画を提出し、

市町村の認定を受けた農家や農業法人です。

農業経営の改善を支援するもので、

新規就農を考えている段階では

ほとんど関係しないと思われます。

 

 初めから、大きな借金を背負うことなく

経費を抑えつつ、確実に収益が上がるよう

堅実な計画を立てるべきです。

しばらくは、農業を断念する農家は

高齢化のため多いです。

倉庫には農業機械や農業資材が眠っている可能性が高いです。

地域に溶け込み、継承者と認められれば

安く、若しくは無料で譲ってもらえる時がくるかもしれません。

 

農業は始めるよりも、続けることが難しいんです

今の仕事を辞めて農業を始めるのは
人生が変わる大決断です。
しかし、農業を続けていくことの方が実は難しいです。

農業を始めてしまって生活に困窮している人はもちろん
いずれ農業をしたい人や、農的暮らしに憧れがある人は
今のままでは既存の農家さんにはかなわないでしょう。

長く営農している農家さんは、
栽培ノウハウや農業機械や資材を持っています。
今から農業を始める人が、若くても意欲があっても簡単には敵いません。
しかし、野菜販売のネットショップを扱えることは
ベテラン農家が持っていない武器を持つことになります。


よく「農業は儲からない」と言われるじゃないですか。
それは、農産物の単価が低いからです。
直売所に並べたら他と同じような野菜になってしまいます。
ベテラン農家と同じ場所で売れば勝ち目はありません。

でも、「これだけ思いを込めて作りました!」という気持ちを
直売所ではなくネット上に持っていくとどうでしょうか。
そこにはベテラン農家の野菜はないでしょう。

新規就農者にとってはネット販売は
既存農家に勝てる数少ない場所です。

ネットショップを作ることは
今では簡単になりました。
かつてはホームページ作成業者に数十万円とかの経費を掛けて作るものでしたが、
今では作るだけなら無料でも出来ます。

そして、ネットショップを用意することで、
私のように直売所やイベント販売でアピールして
ネットでも購入して頂くリピーターもいます。


初めての方であれば難しいと想像するでしょう。
しかし、ネットショップのホームページだけなら
3つの項目を入力するだけでできます。

詳しくは、私のブログのこちらのページで書いています。

a0731_000665-3

ネット販売のためのPDFファイルメールマガジンもご用意しています。
お気軽にお読みください。

既存の農家さんも、ポツポツと始めつつありますので
早く知って取り組んで欲しいのです。

カテゴリー別

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る