スポンサードリンク

農家とサラリーマンの比較(労働時間と仕事)

a0027_002834

農家とサラリーマンとを比較してみます。
次に、労働時間と仕事に関してです。

就業者(サラリーマン)の年間の平均労働時間は、1728時間となっています。
(参考までに、アメリカで1787時間、ドイツで1413時間)

では、農家の労働時間は?

一例ですが、イチゴの施設栽培(ビニールハウスなど高度な設備と技術で管理された栽培)では
2092時間となります。

兼業ではなく、専業で生計を立てるとなれば
野菜の年間労働時間は2767時間、果樹では2616時間となります。

やはり農業の労働時間はおおむね長くなるようです。

ただ単に、労働時間を挙げましたが
サラリーマンのように、決められた時間と内容でする仕事と
農業のように、自分で考えた計画でする仕事では
働く時間中のやる気や意欲は全く違います。
その辺りは、想像してもらえれば分かるでしょう。

仕事内容となると、 サラリーマンは就職した会社の業種と所属部署の職種によります。
配属された部署で、会社や上司に決められた仕事をこなすことになります。
主にデスクワークや外回り(営業・運送など)、店舗での販売になるでしょう。

 

さて、農業はどうか?

一般的なイメージでは、田畑をトラクターで耕したり、作物を手作業で収穫したり、でしょう。
確かに、ほぼ屋外での仕事となります。
農機具や農業機械を使って、作物を収穫・運搬したり。
土木建築に近い仕事も多いかもしれません。
ただ、生き物を育てる仕事なので、生育状況や天候・日照により仕事時間は大きく変わります。

 

農業は、サラリーマンに比べて長時間労働になりがちです。

また、外の仕事がメインなので天候に左右されやすく、自己判断が必要です。

本当に、農業という職種が好きで、自制できる人に向いていると言えます。

農業は始めるよりも、続けることが難しいんです

今の仕事を辞めて農業を始めるのは
人生が変わる大決断です。
しかし、農業を続けていくことの方が実は難しいです。

農業を始めてしまって生活に困窮している人はもちろん
いずれ農業をしたい人や、農的暮らしに憧れがある人は
今のままでは既存の農家さんにはかなわないでしょう。

長く営農している農家さんは、
栽培ノウハウや農業機械や資材を持っています。
今から農業を始める人が、若くても意欲があっても簡単には敵いません。
しかし、野菜販売のネットショップを扱えることは
ベテラン農家が持っていない武器を持つことになります。


よく「農業は儲からない」と言われるじゃないですか。
それは、農産物の単価が低いからです。
直売所に並べたら他と同じような野菜になってしまいます。
ベテラン農家と同じ場所で売れば勝ち目はありません。

でも、「これだけ思いを込めて作りました!」という気持ちを
直売所ではなくネット上に持っていくとどうでしょうか。
そこにはベテラン農家の野菜はないでしょう。

新規就農者にとってはネット販売は
既存農家に勝てる数少ない場所です。

ネットショップを作ることは
今では簡単になりました。
かつてはホームページ作成業者に数十万円とかの経費を掛けて作るものでしたが、
今では作るだけなら無料でも出来ます。

そして、ネットショップを用意することで、
私のように直売所やイベント販売でアピールして
ネットでも購入して頂くリピーターもいます。


初めての方であれば難しいと想像するでしょう。
しかし、ネットショップのホームページだけなら
3つの項目を入力するだけでできます。

詳しくは、私のブログのこちらのページで書いています。

a0731_000665-3

ネット販売のためのPDFファイルメールマガジンもご用意しています。
お気軽にお読みください。

既存の農家さんも、ポツポツと始めつつありますので
早く知って取り組んで欲しいのです。

カテゴリー別

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る