スポンサードリンク

サラリーマンと農業、それぞれの始まり

a0001_009235

サラリーマン、農業のそれぞれの始まりについて考えて見ます。

サラリーマンになろうとするには
学校を卒業する前に就職活動をして、希望企業にエントリーして
適正検査や筆記・面接の試験を受けます。
転職の場合は、ハローワークへ通って、紹介を受けて、企業の試験などを受けます。

そうして、採用してもらってサラリーマンになります。

さて、農業はどうやって始めるのでしょうか?

・親や親戚が農家をしていないとなれないのか。
・後継者になららないと農業ができないのだろうか。
・農業大学校や農業高校、農学部を出ていないと無理だろうか。
・一定の農業研修を受けないと農家になるチャンスがないのだろうか。
・もしかして、だれでもいつでも農家であると宣言できる。

実はどれも間違いです(笑)。

農業の勉強や研修はしていた方がいいでしょうが、絶対必要ではありません。
親や親戚に農家がなくても関係ありません(後継ぎなら簡単です)。
だれでもいつでも農家になれるわけではありません。

農家になるための要件としては
・農地の確保
・農業委員会の許可(農地に関して)
となります。

農地を購入(又は賃借)できるところを探して、農業委員会から購入(賃借)を
許可されれば、農家となることができます。

ただ、誰かの農地を借りる話ができて、そのまま農業委員会に行って
「許可してください」って言うだけだと、まったく説得力がないので
農業研修などの実績や計画書の提出などが必要になってきます。

農業は始めるよりも、続けることが難しいんです

今の仕事を辞めて農業を始めるのは
人生が変わる大決断です。
しかし、農業を続けていくことの方が実は難しいです。

農業を始めてしまって生活に困窮している人はもちろん
いずれ農業をしたい人や、農的暮らしに憧れがある人は
今のままでは既存の農家さんにはかなわないでしょう。

長く営農している農家さんは、
栽培ノウハウや農業機械や資材を持っています。
今から農業を始める人が、若くても意欲があっても簡単には敵いません。
しかし、野菜販売のネットショップを扱えることは
ベテラン農家が持っていない武器を持つことになります。


よく「農業は儲からない」と言われるじゃないですか。
それは、農産物の単価が低いからです。
直売所に並べたら他と同じような野菜になってしまいます。
ベテラン農家と同じ場所で売れば勝ち目はありません。

でも、「これだけ思いを込めて作りました!」という気持ちを
直売所ではなくネット上に持っていくとどうでしょうか。
そこにはベテラン農家の野菜はないでしょう。

新規就農者にとってはネット販売は
既存農家に勝てる数少ない場所です。

ネットショップを作ることは
今では簡単になりました。
かつてはホームページ作成業者に数十万円とかの経費を掛けて作るものでしたが、
今では作るだけなら無料でも出来ます。

そして、ネットショップを用意することで、
私のように直売所やイベント販売でアピールして
ネットでも購入して頂くリピーターもいます。


初めての方であれば難しいと想像するでしょう。
しかし、ネットショップのホームページだけなら
3つの項目を入力するだけでできます。

詳しくは、私のブログのこちらのページで書いています。

a0731_000665-3

ネット販売のためのPDFファイルメールマガジンもご用意しています。
お気軽にお読みください。

既存の農家さんも、ポツポツと始めつつありますので
早く知って取り組んで欲しいのです。

カテゴリー別

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る