スポンサードリンク

静岡県で農業を始める

a0002_007415

「静岡県で農業を始めるには」

 

 静岡県の農業の特徴は、

・温暖で日照時間が長い

・太平洋に面した平野と北部の山間部の傾斜地と、耕作面積が広い

・お茶、みかん、わさびなどの特産品が有名

です。

 

農業をこれから始めようという方には、農業支援もあります。

新規就農相談や支援に関しては静岡県農業振興公社

お問い合わせができます。

(ホームページ)http://www.shizuoka-nk.or.jp/ninaite1.htm

 

 

また、静岡県の新規就農者養成研修があります。

施設栽培で、イチゴ・トマトなど作物はほぼ決まっていますが

すでに研修・就業の実績があり、受け入れ態勢が整っています。

条件では、年齢が概ね45歳以下、非農家出身(又は第2種兼業農家出身)

第2種兼業農家とは、農業所得を得ているが、農業以外の収入の方が多い農家です。

先進農家や農業法人での研修になります。

研修後に農業法人への就職も考えられます。

前例に倣った農業になるので、型にはまった農家になることから

始めると決めた方には、取り組みやすいでしょう。

(静岡県ホームページ)http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-320/newfarmerkensyuu.html

 

「新規就農者が増えても、サポートが充実していなければ

 就農後の生活ができず、離農してしまうだけ」

と早く気づいた、JA伊豆の国は、農業で生計が立てられるように

この静岡県の新規就農制度である、「がんばる新農業人支援事業」を使って

農業の栽培技術だけでなく、経営者としての指導や、

就農後の指導にも力を入れているようです。

伊豆の国市は、平地でハウス栽培が盛んですが、

ミニトマト農家の大半は、新規就農者ということです。

また、地域に新規就農した農家の8割くらいが、

売上1500万円に達しているということです。 

農業は始めるよりも、続けることが難しいんです

今の仕事を辞めて農業を始めるのは
人生が変わる大決断です。
しかし、農業を続けていくことの方が実は難しいです。

農業を始めてしまって生活に困窮している人はもちろん
いずれ農業をしたい人や、農的暮らしに憧れがある人は
今のままでは既存の農家さんにはかなわないでしょう。

長く営農している農家さんは、
栽培ノウハウや農業機械や資材を持っています。
今から農業を始める人が、若くても意欲があっても簡単には敵いません。
しかし、野菜販売のネットショップを扱えることは
ベテラン農家が持っていない武器を持つことになります。


よく「農業は儲からない」と言われるじゃないですか。
それは、農産物の単価が低いからです。
直売所に並べたら他と同じような野菜になってしまいます。
ベテラン農家と同じ場所で売れば勝ち目はありません。

でも、「これだけ思いを込めて作りました!」という気持ちを
直売所ではなくネット上に持っていくとどうでしょうか。
そこにはベテラン農家の野菜はないでしょう。

新規就農者にとってはネット販売は
既存農家に勝てる数少ない場所です。

ネットショップを作ることは
今では簡単になりました。
かつてはホームページ作成業者に数十万円とかの経費を掛けて作るものでしたが、
今では作るだけなら無料でも出来ます。

そして、ネットショップを用意することで、
私のように直売所やイベント販売でアピールして
ネットでも購入して頂くリピーターもいます。


初めての方であれば難しいと想像するでしょう。
しかし、ネットショップのホームページだけなら
3つの項目を入力するだけでできます。

詳しくは、私のブログのこちらのページで書いています。

a0731_000665-3

ネット販売のためのPDFファイルメールマガジンもご用意しています。
お気軽にお読みください。

既存の農家さんも、ポツポツと始めつつありますので
早く知って取り組んで欲しいのです。

カテゴリー別

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る