スポンサードリンク

小さい農業~最小面積の専業農家

a0007_002802

新規就農の、ある事例をご紹介します。

私も、このような形がいいなと思っていました。

 

 

その方は、スモールメリットという、新たな造語を作りました。

スケールメリットという、規模が大きい利点はよく聞くと思います。

まさに、現代の農業は規模拡大が生き残りの方法と考えられています。

スモールメリットとは、規模は最小限で借金をしない、リスク最小限で

農業を始めて、小さいからこそ品質を高めて販売できる、考え方です。

 

その方の農業の始め方とは、自家製キムチを製造・販売する目的で

準備したようです。

大好物だった、母親の作る手作りキムチを作って、販売したいと考え

そのために必要な最低限のものだけを集め、ラベル作りのための

パソコン・プリンター、真空パック機、業務用冷蔵庫、家庭用耕耘機、

合計120万円で準備したそうです。

畑は、新規就農者にとっては、最小面積である30アール(3反)でした。

 

 

この畑でできた無農薬野菜で作った、自家製の漬物のネット販売、

無農薬野菜で10種類くらいの野菜セットの販売、

自然食品店から仕入れたこだわりの調味料などの販売、です。

 それぞれの柱から、売上が400万円になるそうです。

 

毎年の収入を設定して、それに達しそうになければ頑張って

到達しそうなら働きすぎない、そのように決めて取り組んでいます。

毎年、売上を数パーセントずつアップさせるのは、いつも苦しくなる

だから、目標年収を達成すればいいと考えたのです。

 

新規就農者にとって、大規模農業は設備投資が多すぎてできないので

小さい農業で、農家として生活できるようになることにこだわったそうです。

少ない設備投資と、天候リスクを最小に考えての耕作面積、

加工・販売も独自ルートで、家族経営できる借金のない農業を

目指したものでした。

 

今の、農業の大型化・大規模化・法人化の流れに逆行するようですが

その小さい農業の考え方に、とても共感できます。

農業は始めるよりも、続けることが難しいんです

今の仕事を辞めて農業を始めるのは
人生が変わる大決断です。
しかし、農業を続けていくことの方が実は難しいです。

農業を始めてしまって生活に困窮している人はもちろん
いずれ農業をしたい人や、農的暮らしに憧れがある人は
今のままでは既存の農家さんにはかなわないでしょう。

長く営農している農家さんは、
栽培ノウハウや農業機械や資材を持っています。
今から農業を始める人が、若くても意欲があっても簡単には敵いません。
しかし、野菜販売のネットショップを扱えることは
ベテラン農家が持っていない武器を持つことになります。


よく「農業は儲からない」と言われるじゃないですか。
それは、農産物の単価が低いからです。
直売所に並べたら他と同じような野菜になってしまいます。
ベテラン農家と同じ場所で売れば勝ち目はありません。

でも、「これだけ思いを込めて作りました!」という気持ちを
直売所ではなくネット上に持っていくとどうでしょうか。
そこにはベテラン農家の野菜はないでしょう。

新規就農者にとってはネット販売は
既存農家に勝てる数少ない場所です。

ネットショップを作ることは
今では簡単になりました。
かつてはホームページ作成業者に数十万円とかの経費を掛けて作るものでしたが、
今では作るだけなら無料でも出来ます。

そして、ネットショップを用意することで、
私のように直売所やイベント販売でアピールして
ネットでも購入して頂くリピーターもいます。


初めての方であれば難しいと想像するでしょう。
しかし、ネットショップのホームページだけなら
3つの項目を入力するだけでできます。

詳しくは、私のブログのこちらのページで書いています。

a0731_000665-3

ネット販売のためのPDFファイルメールマガジンもご用意しています。
お気軽にお読みください。

既存の農家さんも、ポツポツと始めつつありますので
早く知って取り組んで欲しいのです。

カテゴリー別

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る