スポンサードリンク

北海道で農業を始める

a1180_007822

「北海道で農業を始めるには」

 

他の県との違いは、

  • ・広大な田畑(規模の大きさ)
  • ・酪農が盛ん
  • ・離農場所の居抜き

でしょう。

田畑が広大であることは、誰もが想像できることでしょう。

そのスケールメリットも理解できるところです。

しかし、規模が大きいため、どうしても機械化は不可欠です。つまり大資金が必要です。

また、冬場は植物が育ちません。夏が勝負になってきます。

 

北海道農業担い手育成センターでは、研修・居住・農業経営・資金などの支援が用意されています。

例えば、研修支援ですが、北海道内での新規就農者向けの研修受け入れ市町村の紹介があります。

研修期間は2年以上が基本になっています。農業普及センターや役所の農業担当課や

農業委員会、農協と連携して進めていく必要があります。

 

また、一部の市町村には住宅補助や家賃保障など、住居や生活の一部に対して補助金が支給されます。

だいたい、家賃の2分の1で、上限が1万円~2万円が多いです。

 

 

北海道では、畜産・酪農のイメージがとても強いですが、研修では稲作や野菜も多いです。

冷涼な夏に、他では春秋にできる野菜を作って、時期違いの作物を全国へ出荷できます。

畜産・酪農は売上も大きいですが、初期投資が莫大です。廃業したところを居抜きで譲り受けると

大幅に初期の経費が少なくて済みます。

 

このように北海道では、他の県とは違った環境や農業経営で、農業を始めることができます。

畜産・酪農は年中の仕事ですが、稲作・畑作は夏場が勝負です。

まずは、北海道の気候や地域性を知るために、農業体験や農業研修から入るのが無難です。

農業は始めるよりも、続けることが難しいんです

今の仕事を辞めて農業を始めるのは
人生が変わる大決断です。
しかし、農業を続けていくことの方が実は難しいです。

農業を始めてしまって生活に困窮している人はもちろん
いずれ農業をしたい人や、農的暮らしに憧れがある人は
今のままでは既存の農家さんにはかなわないでしょう。

長く営農している農家さんは、
栽培ノウハウや農業機械や資材を持っています。
今から農業を始める人が、若くても意欲があっても簡単には敵いません。
しかし、野菜販売のネットショップを扱えることは
ベテラン農家が持っていない武器を持つことになります。


よく「農業は儲からない」と言われるじゃないですか。
それは、農産物の単価が低いからです。
直売所に並べたら他と同じような野菜になってしまいます。
ベテラン農家と同じ場所で売れば勝ち目はありません。

でも、「これだけ思いを込めて作りました!」という気持ちを
直売所ではなくネット上に持っていくとどうでしょうか。
そこにはベテラン農家の野菜はないでしょう。

新規就農者にとってはネット販売は
既存農家に勝てる数少ない場所です。

ネットショップを作ることは
今では簡単になりました。
かつてはホームページ作成業者に数十万円とかの経費を掛けて作るものでしたが、
今では作るだけなら無料でも出来ます。

そして、ネットショップを用意することで、
私のように直売所やイベント販売でアピールして
ネットでも購入して頂くリピーターもいます。


初めての方であれば難しいと想像するでしょう。
しかし、ネットショップのホームページだけなら
3つの項目を入力するだけでできます。

詳しくは、私のブログのこちらのページで書いています。

a0731_000665-3

ネット販売のためのPDFファイルメールマガジンもご用意しています。
お気軽にお読みください。

既存の農家さんも、ポツポツと始めつつありますので
早く知って取り組んで欲しいのです。

カテゴリー別

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る