スポンサードリンク

自分なりの農業経営と人生設計

a0007_002087

農業を始めると、会社に勤めている時とは全く違った生活になります。

どこで始めて、何を栽培して、どう売るか。
どんな農機具や農業資材を用意して、種や苗、肥料、農薬を仕入れるか。

そんな、農業の栽培から販売まで自己裁量でできます。

栽培技術や研究も、とても大切ですが
どれだけ売上を多くするか
どれだけ経費を削減するか
そのような経営感覚がとても大切です。

生活の多くは仕事に関係しますが
社長や上司から命令されることもなく
先輩のご機嫌を伺う必要も無く
好きな農業に専念し、多くの同業者や取引先との交流があります。

サラリーマンとは違い、会社の所属部署内だけの付き合いとは違い
地域、業者、顧客、行政など広い人脈が形成されます。

特に土地の結び付きが強いので
地域の農業関係の交流は深いでしょう。

農業は、都市部からは離れた場所が多いので
生活も、喧騒から離れた、時間がゆっくり流れる場所になるでしょう。

好きな時間の労働と休日

a1180_007147

農業は自由業です。
好きな時に働き、好きな時に休む、というのも全くの自由です。
間違いありません、収穫や収入を気にしなければ。

農業の形態によりますが
果樹や野菜、稲作は、いつ頃にどんな作業をするか偏っています。
ですので、忙しい時期は朝から晩まで、しっかりと働きますし
する作業が無い時や、天候でできないときは、お休みとなります。

周年栽培(ハウスなどで年中栽培して収穫する農業)や畜産ですと
家族や雇った人に任せないと休みが取れないです。

理想の経営をするために
農家グループで栽培や飼育を助け合ったり、出荷したりして
安定した農業・収益を計画することもあります。

 

一例として野菜農家の夏場の一日をあげましょう。

夏は昼間がとても暑く、主な仕事は朝夕の涼しい時間帯になります。

朝は夜明け前に起き、5時頃から仕事を始めます。葉野菜だと早朝に収穫をします。

仕事前に朝食を済ませるか、収穫作業の途中の休憩で、朝食をとります。

収穫に時間がかかれば昼前までしますが、そうでなければ早めの11時までには午前の仕事は終了。

そして、午後は3時まで休憩(暑いのでこの時間帯に睡眠をとります)。

午後3時から仕事を開始して、追肥・除草など畑仕事をします。

面積が広ければ夕暮れまで続きます。そして農作業が終わって夕食に。

天気や日照に合わせて仕事が回っています。

出荷の無い日や、除草などの作業を別の日にするなどで、その日を休日にすることもあるでしょう。

 

どのような生活スタイル・農業経営がしたいか
それにより、休日だけでなく仕事にもやりがいが持てます。

農家になることは、自己裁量で仕事時間と休日を決めることができます。

将来の食糧危機の備え

a0007_002210

現在の日本の自給率(カロリーベース)で40パーセントと言われています。
カロリーベースとは、食料をカロリーで換算してどの程度国内で自給しているか、です。
生産額ベース(食料を金額に換算)でみると、60パーセント台になります。

ただ、食べているものに多くの外国産が使われているのが現状です。

今の生活は、燃料もそうですが、食料も海外に依存しているのです。

石油が断たれれば、90日後に備蓄がなくなると言われています。
そうすると、電気や車が止まってしまいます。

食料の輸入が断たれると、古いシミュレーションですが
1年後に3000万人が餓死すると試算されていました。
(今では自給率が更に下がっているので、もっと多くなりそうです)

この日本の話です。
石油の輸入が止まるのも怖いですが、食料の輸入もなくなると生きていけません。

実際に起こりにくいケースですが、
世界的に食料不足になればまず自国を優先しますので
いくらお金を出しても売ってくれません。

20年ほど前の話ですが
日本で冷夏のため米の収穫が2割減ったことがありました。
その時は、緊急の米輸入を行ってしのぎました。
世界の米市場が混乱し、その後に日本は米の輸入自由化へつながります。

農業は、国の在り方です。
単なる1つの産業にとどまりません。
だからこそ、農業という尊い職業に憧れ、回帰する人がいるのです。
本来の人間性からも、農業をしたいと考えるのは、とても正常です。

自然の中での仕事

a0940_000385

農業は自然の中にあって成り立つ産業です。

(例外的に、植物工場やウィンドウレス養鶏場がありますが)

大地を耕し種を蒔き、太陽光と雨により生育する植物。

その植物を栽培する人も、その環境の中で仕事をします。

どの仕事より、四季を感じることができるのです。

春は、自然の草花が生え育ち、周囲に緑が多くなるのが分かります。
夏は、強い太陽光がありますが、木陰で休みながら飲む麦茶がとても美味しいです。
秋は、収穫することが多い時で、紅葉が楽しめます。空が高く感じられます。
冬は、寒いですが積雪や霜が見られます。どんよりとした雲がより寒くさせます。

気候・天気・気温・日照など、普通なら雨か晴れかくらいしか気にしていない
自然現象がどれも敏感になり、毎日毎時のように意識するようになります。

このように、自然を目だけでなく、肌でも常に感じられるようになります。

 

農家になると、大雨や干ばつなど都合の悪い天気を気にしがちですが

普段は、晴れ・曇り・雨か、暑い・寒いか、そういった天気予報で聞く言葉を

いつもの農作業中に体感することになります。

カテゴリー別

▲トップへ戻る