スポンサードリンク

離農の理由

a1180_010840

新規就農者が農業を辞めることは、とても多いです。

農業を辞める、離農する理由は何でしょうか?

主な理由を挙げてみます。

1.経済的理由
よく農業は儲からないと言われています。
農業を始める資金を用意し、研修を受けて、準備万端で農業をはじめても
数年するうちに、農作物の収量が少ない・販売価格が低いなど
想定どおりの売上・収益がなく、生活ができなくなって農業を辞めることが多いです。

この場合、農業以外の収入を得ようと、近くでバイトをしたりすると
本業の農業よりバイト収入が良くて、更に農業がおろそかになっていき
農業より就職など雇われる方がいいというふうになっていきます。

2.精神的理由
農業をするのは都市部から離れた場所です。

都会の雑踏を嫌って田舎へ来る方も多くいます。

田舎での暮らしで、地域の付き合いが上手くいかなかったり
知り合いがおらず孤独感から、生活がしづらくなることもあります。
農作業だけに追われて、地域になじめず、また街での暮らしに戻りたくなるパターンです。

こちらも想像していたより、仕事と生活のために時間も気持ちも
ゆとりがなくなってしまい、農業を断念してしまいます。

3.家庭問題
夫婦や家族揃って農業を始めようとなって移り住んで、しばらくすると
家族の中で、田舎での生活や農作業が嫌になり家庭内不和となってしまう場合です。

特に夫婦のどちらかの強い意思で、一家が農業を始めたとしたら
付いてきた夫婦の一方が挫折してしまうと、家族離散になりかねません。
就農前に、しっかりと話し合い、納得して行動しなければなりません。

 

 

農業は、他の職業とは違って生活スタイルがかなり変わってしまいます。

農作業という肉体労働も予想以上に辛く感じ、更に地域行事やご近所付き合いで

疲れてしまう・参ってしまうことがあります。

 

現在、就農しよう・農業を始めようとお考えの方で、何か問題が起きていますか?

お悩みのご相談にお答えできれば幸いです。下記よりお問い合わせください。

↓ ↓↓↓↓ ↓↓↓↓ ↓↓↓↓ ↓↓↓↓ ↓↓↓↓

お名前 (必須)(ニックネームOKです)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

初期投資の金額

a0002_004523

農業では、初期投資がとてもかかります。
(そう思われています)

普通、事業を始める時にかかる費用は
・店舗や工場を建てる土地と建物の不動産
・従業員の人件費
が大きいでしょう。

ところが、農業は軌道に乗るまでは人を雇うことはほとんどありません。
(初めから企業としてする場合は別です)

また、農地も好条件でなければ、余っていることが多いですし
わざわざ高い土地を買ったり借りたりすることは少ないので
農地の確保でお金はそれほど使いません。

ただ、専業で米農家を考えると、2ヘクタール以上でしょう。

10アールが1万円の賃借料(小作料)と考えると

2ヘクタールは、年間20万円の地代がかかることになります。

 

一番、初期投資で使うことは、農機具(農業機械)です。
稲作で言うと
・トラクター 200~400万円
・田植え機 150~250万円
・コンバイン 600万円
・乾燥機、もみすり機 300万円
・トラック 200万円
主な農業機械で、1600万円前後します。

その他にも数十万円する農機具や資材はいくつもあります。

種籾(米)から苗を育てる備品や設備
害虫や病気、除草のための防除器具
収穫後の保管倉庫など。

ゼロから揃えるのは、金額的に大変ですし
とてもリスクが高く、後には退けません。

 

もちろん、最初からすべての機械を新品で揃えて

始めることはまずありません。

新規就農する前に、どのように必要なものを集めて

行政や地域の協力がどれくらい得られるか

そういった、就農計画や農業研修を確実に踏まえていきます。

ハイリスクローリターン農業

a1180_005854

農業はよく、ハイリスクローリターンと言われます。
(ハイリスクノーリターンと言われる場合も・・)

農業機械や農機具、資材、種や苗、肥料・農薬、燃料など
植物を栽培するのにたくさんの道具などが必要です。

それらを揃えるだけでも、数十万円とも数百万円とも言います。
このように、収穫までにかかる費用はとても大きいです。
更に、病気や害虫、鳥獣害の被害などがあれば収穫も大幅に減ります。

そして、栽培して収穫した作物。
野菜、果物、米などいろいろありますが
ブランド化されたものや、希少価値のあるもの、品薄の時期の出荷
という好条件でなければ、単価はとても低く、びっくりするくらいです。

大量に生産したとしても、投資した金額を大きく上回る売上になる
ことは滅多にないでしょう。

このように農業は、投資金額が多く収穫が保証されていないのに
収穫した作物がそれほど高く売れるとは限りません。

栽培するのに技術や農具が必要で、天候や病気・害虫にやられることもあり
その作物を上手く販売しなければ、その栽培にかかった費用すら回収できなくなります。

 

そのため、既存の農家は考えます。

今ある農業機械・農機具をどれだけ長持ちさせるか。

人脈を使って、中古機械を安く手に入れよう。

契約栽培で、販売先を確保しよう。

資材の使用量をいかに少なくできるか。

 

また、新規就農者も考えなければなりません。

基本的な栽培技術だけでなく

いかに初期投資を抑えるか、どこに力をいれるか

販売先はどうするのか、単一栽培で大量生産か、多品目少量か

必要な作業と、不必要な作業は見分けられるか

 

そのように、少しでもリスクを低くしてリターンを大きく

するための努力がとても必要になります。

天候災害の恐怖

a0001_009945

農業は、自然(日照・雨・気温)によって植物を栽培します。

しかし、その自然の猛威によって、作物が駄目になってしまうこともあります。

大雪や台風、竜巻でビニールハウスが潰れる。
洪水で稲や野菜が水没する。
日照りで、野菜や果樹に水分が行き渡らず枯れる。
冷夏で、米の生育が悪く収量が減少する。

想像するだけで大変そうですが
実際自分の栽培植物、ビニールハウスがそうなると
それはもう、絶望的な気持ちになります。

野菜が全滅すれば、そのシーズン
稲作で不作になれば、果樹の実が落ちれば、その年
果樹の木が折れてしまえば、数年
収穫・収入に響いてきます。

大きな災害を受けると、収入がなくなるだけでなく
それまでかかった費用が借金になってしまうおそれもあるのです。

 

ただし、災害が起こったらお手上げ、というわけでもありません。

農業災害補償制度という国の保障制度があります(対象農作物は限られています)。

掛け金が必要になりますが、自動車事故と同じように、もしもの時には安心でしょう。

 

また、1つの作物だけ、1箇所の圃場だけ、というリスクを避けて

輪作によって、複数の圃場で複数の作物を回して栽培したり

加工や農家民宿など、栽培以外の関連する仕事を取り入れたり

 収入源を複数立てておく対策もいいでしょう。

カテゴリー別

▲トップへ戻る