スポンサードリンク

新規就農した私が考える、これから農業始める人のための方法

a1180_007822

農業は厳しい難しいと言われるけど・・・

農業は厳しい難しい、さらに資金が必要と言われながらも
それでも農業したい人興味がある人へ、1つの提案です。

農業を始めるのも続けるのも難しいのでは
と考えてしまって動き出せないと思います。
何か最善の手段は無いものか。

続きを読む »

60代から農業を始める時の注意点

60歳代から農業を始めたい、という方は多くいらっしゃいます。

定年退職後に、田舎に戻って農業を始めてみよう、というパターンです。

それまでの勤めが終わって、時間的にも余裕が出てくるし
まだまだ体力もあって、仕事をしていくのに農業は魅力的です。

 

ただ、家庭菜園との大きな違いは、趣味かビジネスか、です。

作った農作物を売って、売上から経費を引いて、それでプラスになるかどうか
その部分までが仕事になります。

失敗しないためには、何を考えておかないといけないか
次の項目を見てきましょう。

・何がハードルになるか

・年金や退職金

・実家が農家か非農家か

続きを読む »

40代から農業を始める

a0002_002203

会社員に疲れて、農業へ

深夜のサービス残業や、休日出勤、長い通勤時間で、疲弊している会社員の方も多いようです。

農業だったら、失業する心配もなく、上司の叱責や同僚との付き合いもなく、気楽に仕事ができる、と考える向きもあります。

オフィスや工場の中での仕事より、自然の中での農作業の方が健康的にも思えます。

人が生きていくために食べ物は必ず必要とされるので、いいものを作れば売れるし、職業として農業がなくなることはないです。

 

今の仕事からすれば、農業に憧れを抱くのは無理がないでしょう。

しかし、昔ほど身分が安全ではない会社員と言えども、毎月決まった給料をもらえるというのは、とても魅力的です。

私も農業を始めてから、そう思っていました。

そして、40代となれば、家族を養うという責務もあって、簡単に転職すらしづらく。

何か新しいことを始める余裕もほとんどないでしょう。

今の仕事が本当に心身ともに無理だったり、会社のリストラや倒産という大きな転機がキッカケになるのかもしれません。

もしも休日に時間的余裕があれば、今までの過ごし方から、農業を見て聞いて動いてみる方へ、時間を振り向けてみることも、一つのキッカケになります。

a0002_002584

 

40代から農業を始められるか?

実際には、故郷の実家を引き継いだ、と言う話はよくあります。

お祖父さん・お祖母さんも健在で、今まで農業を続けていて教えてもらえる面もあるし、家事、子どもの世話をしてくれて、農地も農機具も揃っている場合は、とても恵まれている条件です。

それでも、都市部で会社員をしていた時に比べて、収入減少は仕方がないです。

それだけ、農産物販売の収入は少ないと思った方がいいです。

 

また、新たに農業を始めるという、家族のいる40代男性もいます。

都市部では、家賃や子どもの教育にとても費用がかかりますが、地方へ行くと、その分はかなり緩和されるようです。

農業だけではないのですが、地方移住者や田舎暮らしを目指す人が多い地域では、質素な暮らしの中でも、子どもを中心にした繋がりができて、楽しめています。

周囲との比較によって変わるのですが、地方では全体的に費用が低くなります。

地方では、交通事情は悪くなりますが、その分のんびりした環境で育児ストレスも和らいでいます。

農業ができる環境では、都市部と違って簡単にコンビニやスーパー、百貨店での買い物の回数が減ります。

農作業や家事が忙しくなるのもあります。

そういった、生活に絶対必要なもの以外は購入をしないとか、自然に近い娯楽に趣味を変えてみるなど、試しに今の生活でどのくらいの支出になるか、やってみるのもいいかと思います。

 

収入が減る代わりに、家族の時間ややりがいのある仕事を手に入れる場合が多いです。

a0002_002586

 

何が必要か?

働き盛りでもあり、家庭を持っていれば収入が不安定なのは心配です。

家族の同意も得る必要があります。

収入がどのくらいの期間無くなって、発生しても年収にするといくらになるか。

農業を始める前に、まず考えなければなりません。

ただ、農業生産法人への就職、と考えるととりあえずは、月収を得ることができます。

安定的な収量と販売先がとても重要です。

 

農業を始める前に、実際に農業を生業としている農家などで、農作業を体験・研修しておく必要があります。

(農業学校や、教室での講習だけでは、実感が少ないので、現場へ出ることが大切です)

その上で、

・どこで(農地を得る、借りる場所)

・何を作るか(栽培作目、営農計画)

 ・どう販売するか(販路)

を考えながら、本格的な農業研修を検討します。

 

 

 

 

兼業農家になるには?

a1600_000088

農業への逃避

「いつも残業、サラリーマンは嫌だ」

「同じ会社に通って、同じ生活が続くのを、辞めたい・・・」

朝の通勤ラッシュ、会社でのデスクワーク・会議、遅くまでの残業、もうクタクタ。

そのように嘆いて、違う職業を転々としたり、農業を目指して地方へ行く人がいます。

「田舎へ行って、人混みを避けて、畑の中で太陽の下、汗を流す仕事をしたい」

「自然の中で、作物の生長に合わせた生活がしたい」

そんなことを考えることって、ありませんか?

このブログでは新規就農に関しての記事を書いていますので、

農業を始めたい方に読まれています。

または、都会での会社の従業員やパート・アルバイトから、

地方へ行ってみよう、という方もいらっしゃるようです。

 

農業収入の不安

ただ、地方へ行くには、不安があります。

家族の承諾が得られるか、地縁もなく、生活が出来るのか。

そもそも、農業を始めても収入はキチンと得られるのか。

農業一本で生活していけるか。

・・・と考えると農業という選択肢はナシか。

 a0001_009225

でも、農作業はしたい、自給自足で食べるものはなるべく自分で作りたい。

農作物を作って、多く作ることができたら、その分は販売して現金化できれば。

もし、そうならば農業収入だけに頼らない生活・生き方はどうでしょうか?

現金収入を農業ではなく、その土地でできること、得意分野で。

農業もしながら、他にしたい仕事、又はカフェなど。

いわゆる兼業農家、という形で農業以外での生活収入を得るという選択肢もあります。

 

都市部とは違った生活スタイル

地方、田舎での生活は、都市部とかなり違ってきます。

地方へ移住する方の考え方は、サラリーマンをしていた時に違和感を持っていたり、

収入が少なくても浪費や無駄をなくて

昔ながらの少ない生活費でやっていきたい、というものが多いです。

 

街暮らしに比べて、山や島で、デパートや繁華街のない地域に住むと

レジャーやオシャレに浪費することも減り、

買い物が不自由になると、不要なものを買わなくなっていくようです。

逆に、旬のもの、山菜を取ったり、釣りをして、手作りの料理をしたり、出費の少ない日常生活です。

私のいる中山間地も、海まで遠いのですが、周囲の地元の方には

なぜか、釣り好きがとても多いです。

 

オフィスビルや住宅に囲まれた場所とは違って、田園、森林、海が広がっている場所での生活。

交通事情や買い物、病院、育児での不便さはあっても

人混みや騒音が少ないという快適さもあるでしょう。

 a0007_002802

「半農半Xという生き方」

 10年以上前になりますが、「半農半Xという生き方」と言う本が出ました。

ここから、農業という職業を始める、という以外に、

農業に携わりながら他に仕事を持つ、という考えが広まったのではないでしょうか。

 

このように、地方で半農半Xとして生活したい方向けの

地方移住を支援する自治体もあります。

島根県の半農半Xでの支援です。

こちらは、「農業」 + 「介護」or「保育」or「蔵人」or「看護」となっています。

農業研修や定住事業ということで、助成金も受けられます。

介護や看護などの職場の紹介が含まれています。

条件はありますが、

年齢は65歳未満
農業所得も一定以上
5年以上農業に従事すること

、などがあります。

詳しくは・・・

(ホームページ) http://www.pref.shimane.lg.jp/industry/norin/nougyo/ninaite/shinkishuno/

 

青年就農給付金~給付要件と停止返還について

a1180_006131

青年就農給付金とは ~これから農業を始める人・農業法人に就職する人は必見!!

年間150万円が給付される青年就農給付金は、もうご存知かと思います。
地域でも、農業関係者の間ではよく話題にしています。
平成24年度から始まって、あまりの人気で応募者が殺到して予算オーバーしてしまい、
行政が希望者を絞り込む作業もしています。
実際に農林水産省が給付についての優先度について、農政局に通達が出ています。
これから農業を始める方には、最大で1050万円が給付されるものですから、
その条件をしっかり見てみましょう。

2つの種類(準備型と経営開始型)

この青年就農給付金は、2種類あって、
準備型(これから農業研修を経て、新規就農する人)と
経営開始型(すでに農業を始めて、就農5年以内の人)があります。
どちらも原則45歳未満となっています。
準備型は最長2年、その後経営開始型も含めると、最長7年になります。

準備型には、独立する場合以外にも、親元就農(経営の継承か共同経営者)や
雇用就農(農業生産法人に就職)になる場合も該当します。

給付要件のチェックと確認(準備型)

1.就農時に、原則45歳未満
2.研修計画が基準に適合していること
3.常勤の雇用契約を結んでいないこと
4.生活保護など、生活費を支給する国の他の事業の重複受給でないこと
5.青年新規就農者ネットワーク(一農ネット)に加入すること

解説です。
1.は問題ないと思います。原則ってあるので、場合によっては
45歳以上でも受け付けてもらえるかもしれません。

2.3.研修計画ですが、内容は市町村の担当課で相談することになります。
それと、研修場所(研修機関)は、その県によって決められています。
研修期間は1年以上で、年間1200時間以上となっています。
また、研修先は3親等以内の親族の経営ではなく、
過去に雇用関係を結んでいないこと(以前に正社員で働いていない)です。

給付停止や返還に関して

 返還の条件です。簡単にまとめました。
1.給付の要件を満たさなくなった時、研修を途中で休止・中止した時
2.研修報告を怠った時
3.研修現場で、適切に研修を受けていなかった時
4.研修後、1年以内に就農しなかった場合
5.就農後に一定期間(2~3年間)継続しなかった場合
6.就農後に一定期間、報告を行わなかった場合
7.虚偽申請した場合
8.(ザックリですが)農地や農業機械、生産・取引について農業経営をしていない場合

当然の条件もあるのですが、研修中や研修後の報告を怠っただけでも返還になるようです。
そして、研修後にキチンと就農していなければなりません。
更に、就農後も一定期間継続しなければ、全額返還になります(厳しい!!)。

給付停止に関しては以下の項目に記載します。

平成27年度からの給付金額の変動

これまでは、前年の所得が250万円を超えたら、給付停止になっていました。
平成27年度の新規給付対象者から、以下の給付金額に変わるようです。
前年の所得が100万円未満の場合は、150万円の給付
前年の所得が100万円以上~350万円未満の場合は、変動額((350万円-前年の所得)×3/5)給付
前年の所得が350万円以上の場合は、給付停止
経営開始1年目は150万円の給付になります。

 

カテゴリー別

▲トップへ戻る