スポンサードリンク

農家の収入の実態

a0002_007415

普通に、農家の収入を調べてみると、「農家の総所得は466万円」という数字がでました。

サラリーマンの平均年収は、430万円(2010年)ですが、単純に比較すると

サラリーマンより農家の方が、多く稼いでいる、と思ってしまいます。

 

しかし、実際には農家には兼業農家がたくさんいます。

つまり、サラリーマンや公務員をしながら、週末などにできる稲作をしたり

家族のうち、祖父母と妻が農作業で野菜をして、夫は勤めだったり、というケースです。

農業の所得よりサラリーの方が、多い場合が大半です。

 

では、専業農家の年収でみてみましょう。

現代農業という農業関連の月刊雑誌がありますが、そちらからの引用です。

ある、新規就農者は3反(30アール=3000平方メートル)という、農家としては小さい面積で

農業を始め、自宅に加工場や店舗を備えて、初期投資を最小限に抑えています。

この方は、無農薬野菜を作って、それを漬物にする加工をしました。

また、野菜セットの販売と、無農薬野菜に合う自然食品・調味料を仕入れての販売をしました。

特に漬物にはこだわって、研修に行ったり研究を重ねたり、お客様目線でよい商品の開発に取り組んだそうです。

4年目に売上700万円を達成して、ようやく農業所得だけで生活ができるようになり

現在は、売上1200万円、年収600万円で家族5人を養えるようになっています。

カテゴリー別

▲トップへ戻る