スポンサードリンク

新規就農はちょっとハードルが高いと感じる方へ

a0002_007415

新規就農はちょっとハードルが高い?

「農業がしたい」

と思っていも、今すぐその分野へ飛び込もうと行動できる方はほとんどいません。
会社員をしていれば、今の安定した収入を蹴ってまで農業を始めるには抵抗があります。
生活もあるし、家族もいるし。

続きを読む »

農業を始めるのにまったく知識や経験がない方へ その2

a1220_000008

農業に興味があるのに、「農業の知識や経験がない方」

どうすればいいのか。

 

野菜を作ってみたい、身近に農家がおらず農業を知りたい、

農業の仕事やバイトがしてみたい、など農業に興味があるが

どのように農業や農作業に携わることができるか、

それぞれのパターンで挙げてみました。

 

市民農園

家庭菜園やプランター栽培では物足りず、もう少し本格的に農業を

体験したり、時間をかけて農業に触れてみたい方には、市民農園や

農業体験がいいでしょう。

 

お住まいの市区町村や都道府県に、問い合わせると、市民農園(貸し農園)の

情報を得ることが出来ます。担当はそれぞれの自治体によって異なりますが

農政課、農業振興課、農林課、産業振興課などとなっています。

総合受付で確認した方がいいでしょう。

 

また、市民農園は地方自治体だけではなく、NPO法人や農協、農家、企業も

参入しています。

遊休地を利用したり、不在時に有料でサポートしたり、定期的な講習をしたり

サービスが充実している農園もあります。

 

私の知人も、地方都市の近郊で、農家ではないのですが、自らも栽培をしながら

市民農園の運営をしています。

車で、休日に通う形ですので、管理が十分に行き届かないところは

農園参加者や、主催の友人が協力して作物の面倒を見るようです。

無農薬・無化学肥料の有機野菜を、作りたい・食べたいという思考の

人たちに、じわじわと広まっています。

 

郊外には田畑が広がっているような地方ですが、ツテがないと田畑を借りる

というのは、なかなか機会がないようです。

このように、サービスがあって、市民農園の借り手同士で交流・協力できる

場所もあるかもしれません。

 

・農家民宿、農業体験ツアー、短期の農業研修

実際の農家や農園を訪ねて、短期間でも農作業を体験したり

農家の生活環境に入ってみたり、様々あります。

 

下記のホームページでは、農家民宿と体験を合わせた形の

農山漁村との交流促進を進めるグリーンツーリズムという活動です。

(ホームページ)http://www.ehime-gtnavi.jp/shisetsu/detail.php?rec=17

こちらは、山の中で経営者がご自身でログハウスを建てられました。

体験では、田植えや稲刈り、石釜でのピザ焼き、薪作りなどがあります。

田んぼの仕事に関しては、どうしても時期が限定されます。

 

同様に、他の農業体験でも、農作業には季節や天候、栽培作物によって

時期が限定されます。農業体験ツアーでは、

農業全体の流れや仕事を、体験することは難しいでしょう。

 

農家民宿や農業体験ツアーを主催してくれる農家や団体は、

参加者に、参加してよかったと思ってもらうために、

十分な準備をしてくれます(参加者が、十分と思わなくても、です)。

作業者ではなく、お客さんとしての扱いなので、

農作業の一部をさせてもらって、充実感は得られますが

農業の苦労や、段取り、手順など、一連の仕事を理解するのは不可能です。

 

ただ、農家民宿でも、農業体験でも、実際の農家さんとの話で

どのような大変なことがあるのか、農業をしていて良い事嫌な事は何か

直接、話が出来る機会としては、とても貴重です。

もしかすると、「腰が痛い」とか「虫に噛まれる」とか、かも知れません。

農業を始めるのにまったく知識や経験がない方へ その1

農業に興味があるのに、「農業の知識や経験がない方」

どうすればいいのか。

 

野菜を作ってみたい、身近に農家がおらず農業を知りたい、

農業の仕事やバイトがしてみたい、など農業に興味があるが

どのように農業や農作業に携わることができるか、

それぞれのパターンで挙げてみました。

 

●家庭菜園、プランター栽培

もっとも手っ取り早く、簡単に取り組めるのが

プランター栽培や家庭菜園でしょう。

 

 

まず、ベランダなど限られたスペースしかない方は

プランター栽培が一番入りやすい入り口です。

用意するものは、

・プランター

・プランターに入れる土

・スコップ(小)

・種か苗

で、あればいいものとして

・じょうろ

・軍手(ゴム手袋)

・支柱

・作業服

です。 

他には、はさみ、苗を支柱にくくる紐はご家庭にあるものを

利用すればいいです。

 

購入するもので、迷うところが土と種、苗ではないでしょうか?

たくさんの種類もあり、肥料なども何がいいか分からないかもしれません。

農業であれば土作りや栽培作物はとても重要ですが、まず栽培して

収穫できることを目的にしましょう。

種や苗ですが、最初は季節にあった強い作物にしましょう。

失敗して枯れたり実がならないと面白くありませんね。

お勧めはこちらです。ミニトマトはとても簡単で、成ればその場で食べられます。

 (楽天市場より)

 

 

土の種類も、赤玉土・腐葉土・黒土・鹿沼土などありますが、多くの作物に

対応できて土作りが既にされてある培養土を購入すれば足ります。

培養土も種類がありますが、ホームセンターに売っています。

持ち帰りが難しい、培養土でもどれがいいか分からない方は

通販での、お勧めの商品を挙げておきます。

(楽天市場より) 

混ぜる手間がありますが、セットになっているので

土作りも体験した方がいいと思います。

 

 

 

庭でする家庭菜園ですと、プランターは不要ですが

培養土では足りない感があるので、土作りを少ししてみましょう。

理想は、深さ30センチくらいを鍬で耕して、保水と排水を良くします。

保水性と排水性は、何か矛盾するようですが、直ぐに水分が無くなるのも

溜まったままでも作物や土に良くありません。

バケツ1杯の水を畑に流し、1分で水がしみ込んでいけばいいです。

直ぐに流れる、水がたまるようでしたら、腐葉土、鹿沼土で調整します。

または、畝(うね)を作って、植える場所を高くします。

 

せっかく、自分で作った野菜を収穫して食べるなら

「無農薬無化学肥料で、有機栽培がしたい」

と考える方が少なくないと思います。

家庭菜園なら、十分に栽培の目が行き届くので、挑戦しましょう。

 

肥料は、有機肥料と化学肥料があります。

有機肥料には、油粕、魚粉、鶏糞、豚糞、牛糞などがあります。

手軽に入手できる、油粕や鶏糞を使うのがいいでしょう。

油粕は効き目が遅く出て(遅効性)、鶏糞は逆に即効性です。

どちらも、作物を植えつける1,2週間前に畑にまいて耕しておきます。

しばらく置いて、土になじませる方がいいです。

 

準備するものはプランター栽培の道具と、更に

・三本鍬(備中鍬)(くわ)(土が軟らかければ平鍬でもOKです)

・テミ(土や小石、引き草などを運ぶのに便利です)

 があるといいです。

 

栽培方法ですが、様々な家庭菜園向けの書籍があります。

お勧めは、有機農業で有名な埼玉県小川町の金子さんの著書です。

 

 

 

 まとめですが、

1.必要な道具の準備

2.土作り(保水力、排水力、堆肥や肥料など)

3.種や苗を植える

です。 

炭素循環農法とは?

a0002_002584

最近は、有機農業、自然農法、自然栽培とは
一線を画す、「炭素循環農法」というものが
にわかに伝わっているようです。

私は農業を始めてから、実践した友人から聞きました。

肥料を使わないという点では
自然農法と同じですが
必要な資材(肥料ではない)は
投入して機械を使って
理想の土壌を目指します。

それは、それまでの有機農業
を含めて土壌の窒素分に重点が
置かれていたものを
炭素分に着目しています。

原理的には、直接作物に養分がいく
ものを与えるのではなく
土壌で作物に有用な微生物や菌を
増やすための素材(つまり炭素分)を
畑に入れるという考え方です。

どの農法にしても、学習と実践と
時には勉強会に顔を出すなど
上手く土壌を作るための努力が
必要となりそうです。

自然農法とは?自然栽培とは?

a0001_009945

農業を目指している方で
自然農法や自然栽培を
聞いたことのある方が
いらっしゃるかもしれません。

農業でなくても
自給自足や家庭菜園として
このような農法・栽培をしたい
という人も多いかと思います。

自然農法とは
田畑を、「耕さない」「除草しない」
「肥料を与えない」「農薬を使わない」
という制約があり
自然のまま、自然の力をそのまま
利用しようというものです。
(あまりにも極端なので元々の
 農家からすれば変人に思われる
 可能性が高いです。)

それでも、種蒔き後の初期は除草するし
最初に始める時は、畝を作るため
土を掘ることもあります。

私の身近な知人でも
自然農法を生活に取り入れて
多品目の野菜を栽培し、販売しています。

 

自然栽培とは
自然農法に近いのですが
除草・耕起に関しては違います
余計な肥料は使わずに土・太陽・水の
力で作物の成長力を引き出す考えです。

決まった農法はありませんが
余分なものを田畑に入れず
しっかりと作物が根を張り
育つように管理する栽培です。

この、自然農法と自然栽培は
大別すると有機農業に入ると思いますが
公けには、定義や認定はありません。

カテゴリー別

▲トップへ戻る