スポンサードリンク

新規就農者の所得

新規就農した人は、どのくらいの収入があるのでしょうか?

農業でも、野菜・稲作・酪農・花卉など様々な分野がありますし、

初期投資や粗利益と経費が全然違ってきます。

もちろん、生活スタイルが違えば、

収入の目標も違ってくると思います。

 

年収500万円以上を目指す人もいれば、

家族が田舎での生活ができれば、

300万円くらいの売上でもいいという人。

 

あるデータでは、新規就農者の4人に3人

農業所得では生計が立てられていない状況です。

 

その方々は、地域の大規模農家の繁忙期のお手伝いや、

林業のお手伝い、土木建築・運送・小売り店のパートアルバイトなどで

日当を稼いだりするようです。

 

就農当初は、生活資金をある程度用意していると思いますので、

それを取り崩したり、実家などから仕送りをしてもらったりすることもあるでしょう。

また、数年の限定で給付金を受け取ることもあるでしょう。

 

人口流出や高齢化の進んだ地域で、地元の方々もしなくなった農業を

生業とするのは、素人なら尚更厳しいと判断することもできます。

 

そこで、休耕地を集積したり、都市部への直接販売などの販路で勝負をしたり、

有機農業など通常と違う付加価値を付けたりして、

活路を見出そうと意欲に燃える方にはチャンスなのかもしれません。

 

しかし、思い通り、計画通りになかなか行かない場合

があると思います(私も現在そうです)。

もし、農閑期や農作業のできない天候・夜間を利用して、

いくらかの副収入があれば、と思うのでしたら、

時間を有効に使って生活費を捻出するのもいいかもしれません。

 

これは、就農する前に、時間のある間に

身に着けた方がいいスキルと思います。

農業で、単に栽培するだけでなく自前の販路を

作るのにも役に立つ可能性があります。

 

メルマガで、それをご紹介したいと思います。

農業は始めるよりも、続けることが難しいんです

今の仕事を辞めて農業を始めるのは
人生が変わる大決断です。
しかし、農業を続けていくことの方が実は難しいです。

農業を始めてしまって生活に困窮している人はもちろん
いずれ農業をしたい人や、農的暮らしに憧れがある人は
今のままでは既存の農家さんにはかなわないでしょう。

長く営農している農家さんは、
栽培ノウハウや農業機械や資材を持っています。
今から農業を始める人が、若くても意欲があっても簡単には敵いません。
しかし、野菜販売のネットショップを扱えることは
ベテラン農家が持っていない武器を持つことになります。


よく「農業は儲からない」と言われるじゃないですか。
それは、農産物の単価が低いからです。
直売所に並べたら他と同じような野菜になってしまいます。
ベテラン農家と同じ場所で売れば勝ち目はありません。

でも、「これだけ思いを込めて作りました!」という気持ちを
直売所ではなくネット上に持っていくとどうでしょうか。
そこにはベテラン農家の野菜はないでしょう。

新規就農者にとってはネット販売は
既存農家に勝てる数少ない場所です。

ネットショップを作ることは
今では簡単になりました。
かつてはホームページ作成業者に数十万円とかの経費を掛けて作るものでしたが、
今では作るだけなら無料でも出来ます。

そして、ネットショップを用意することで、
私のように直売所やイベント販売でアピールして
ネットでも購入して頂くリピーターもいます。


初めての方であれば難しいと想像するでしょう。
しかし、ネットショップのホームページだけなら
3つの項目を入力するだけでできます。

詳しくは、私のブログのこちらのページで書いています。

a0731_000665-3

ネット販売のためのPDFファイルメールマガジンもご用意しています。
お気軽にお読みください。

既存の農家さんも、ポツポツと始めつつありますので
早く知って取り組んで欲しいのです。

カテゴリー別

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る