スポンサードリンク

農業を始めるのにまったく知識や経験がない方へ その2

a1220_000008

農業に興味があるのに、「農業の知識や経験がない方」

どうすればいいのか。

 

野菜を作ってみたい、身近に農家がおらず農業を知りたい、

農業の仕事やバイトがしてみたい、など農業に興味があるが

どのように農業や農作業に携わることができるか、

それぞれのパターンで挙げてみました。

 

市民農園

家庭菜園やプランター栽培では物足りず、もう少し本格的に農業を

体験したり、時間をかけて農業に触れてみたい方には、市民農園や

農業体験がいいでしょう。

 

お住まいの市区町村や都道府県に、問い合わせると、市民農園(貸し農園)の

情報を得ることが出来ます。担当はそれぞれの自治体によって異なりますが

農政課、農業振興課、農林課、産業振興課などとなっています。

総合受付で確認した方がいいでしょう。

 

また、市民農園は地方自治体だけではなく、NPO法人や農協、農家、企業も

参入しています。

遊休地を利用したり、不在時に有料でサポートしたり、定期的な講習をしたり

サービスが充実している農園もあります。

 

私の知人も、地方都市の近郊で、農家ではないのですが、自らも栽培をしながら

市民農園の運営をしています。

車で、休日に通う形ですので、管理が十分に行き届かないところは

農園参加者や、主催の友人が協力して作物の面倒を見るようです。

無農薬・無化学肥料の有機野菜を、作りたい・食べたいという思考の

人たちに、じわじわと広まっています。

 

郊外には田畑が広がっているような地方ですが、ツテがないと田畑を借りる

というのは、なかなか機会がないようです。

このように、サービスがあって、市民農園の借り手同士で交流・協力できる

場所もあるかもしれません。

 

・農家民宿、農業体験ツアー、短期の農業研修

実際の農家や農園を訪ねて、短期間でも農作業を体験したり

農家の生活環境に入ってみたり、様々あります。

 

下記のホームページでは、農家民宿と体験を合わせた形の

農山漁村との交流促進を進めるグリーンツーリズムという活動です。

(ホームページ)http://www.ehime-gtnavi.jp/shisetsu/detail.php?rec=17

こちらは、山の中で経営者がご自身でログハウスを建てられました。

体験では、田植えや稲刈り、石釜でのピザ焼き、薪作りなどがあります。

田んぼの仕事に関しては、どうしても時期が限定されます。

 

同様に、他の農業体験でも、農作業には季節や天候、栽培作物によって

時期が限定されます。農業体験ツアーでは、

農業全体の流れや仕事を、体験することは難しいでしょう。

 

農家民宿や農業体験ツアーを主催してくれる農家や団体は、

参加者に、参加してよかったと思ってもらうために、

十分な準備をしてくれます(参加者が、十分と思わなくても、です)。

作業者ではなく、お客さんとしての扱いなので、

農作業の一部をさせてもらって、充実感は得られますが

農業の苦労や、段取り、手順など、一連の仕事を理解するのは不可能です。

 

ただ、農家民宿でも、農業体験でも、実際の農家さんとの話で

どのような大変なことがあるのか、農業をしていて良い事嫌な事は何か

直接、話が出来る機会としては、とても貴重です。

もしかすると、「腰が痛い」とか「虫に噛まれる」とか、かも知れません。

農業は始めるよりも、続けることが難しいんです

今の仕事を辞めて農業を始めるのは
人生が変わる大決断です。
しかし、農業を続けていくことの方が実は難しいです。

農業を始めてしまって生活に困窮している人はもちろん
いずれ農業をしたい人や、農的暮らしに憧れがある人は
今のままでは既存の農家さんにはかなわないでしょう。

長く営農している農家さんは、
栽培ノウハウや農業機械や資材を持っています。
今から農業を始める人が、若くても意欲があっても簡単には敵いません。
しかし、野菜販売のネットショップを扱えることは
ベテラン農家が持っていない武器を持つことになります。


よく「農業は儲からない」と言われるじゃないですか。
それは、農産物の単価が低いからです。
直売所に並べたら他と同じような野菜になってしまいます。
ベテラン農家と同じ場所で売れば勝ち目はありません。

でも、「これだけ思いを込めて作りました!」という気持ちを
直売所ではなくネット上に持っていくとどうでしょうか。
そこにはベテラン農家の野菜はないでしょう。

新規就農者にとってはネット販売は
既存農家に勝てる数少ない場所です。

ネットショップを作ることは
今では簡単になりました。
かつてはホームページ作成業者に数十万円とかの経費を掛けて作るものでしたが、
今では作るだけなら無料でも出来ます。

そして、ネットショップを用意することで、
私のように直売所やイベント販売でアピールして
ネットでも購入して頂くリピーターもいます。


初めての方であれば難しいと想像するでしょう。
しかし、ネットショップのホームページだけなら
3つの項目を入力するだけでできます。

詳しくは、私のブログのこちらのページで書いています。

a0731_000665-3

ネット販売のためのPDFファイルメールマガジンもご用意しています。
お気軽にお読みください。

既存の農家さんも、ポツポツと始めつつありますので
早く知って取り組んで欲しいのです。

カテゴリー別

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る