スポンサードリンク

農業を始めるのにまったく知識や経験がない方へ その1

農業に興味があるのに、「農業の知識や経験がない方」

どうすればいいのか。

 

野菜を作ってみたい、身近に農家がおらず農業を知りたい、

農業の仕事やバイトがしてみたい、など農業に興味があるが

どのように農業や農作業に携わることができるか、

それぞれのパターンで挙げてみました。

 

●家庭菜園、プランター栽培

もっとも手っ取り早く、簡単に取り組めるのが

プランター栽培や家庭菜園でしょう。

 

 

まず、ベランダなど限られたスペースしかない方は

プランター栽培が一番入りやすい入り口です。

用意するものは、

・プランター

・プランターに入れる土

・スコップ(小)

・種か苗

で、あればいいものとして

・じょうろ

・軍手(ゴム手袋)

・支柱

・作業服

です。 

他には、はさみ、苗を支柱にくくる紐はご家庭にあるものを

利用すればいいです。

 

購入するもので、迷うところが土と種、苗ではないでしょうか?

たくさんの種類もあり、肥料なども何がいいか分からないかもしれません。

農業であれば土作りや栽培作物はとても重要ですが、まず栽培して

収穫できることを目的にしましょう。

種や苗ですが、最初は季節にあった強い作物にしましょう。

失敗して枯れたり実がならないと面白くありませんね。

お勧めはこちらです。ミニトマトはとても簡単で、成ればその場で食べられます。

 (楽天市場より)

 

 

土の種類も、赤玉土・腐葉土・黒土・鹿沼土などありますが、多くの作物に

対応できて土作りが既にされてある培養土を購入すれば足ります。

培養土も種類がありますが、ホームセンターに売っています。

持ち帰りが難しい、培養土でもどれがいいか分からない方は

通販での、お勧めの商品を挙げておきます。

(楽天市場より) 

混ぜる手間がありますが、セットになっているので

土作りも体験した方がいいと思います。

 

 

 

庭でする家庭菜園ですと、プランターは不要ですが

培養土では足りない感があるので、土作りを少ししてみましょう。

理想は、深さ30センチくらいを鍬で耕して、保水と排水を良くします。

保水性と排水性は、何か矛盾するようですが、直ぐに水分が無くなるのも

溜まったままでも作物や土に良くありません。

バケツ1杯の水を畑に流し、1分で水がしみ込んでいけばいいです。

直ぐに流れる、水がたまるようでしたら、腐葉土、鹿沼土で調整します。

または、畝(うね)を作って、植える場所を高くします。

 

せっかく、自分で作った野菜を収穫して食べるなら

「無農薬無化学肥料で、有機栽培がしたい」

と考える方が少なくないと思います。

家庭菜園なら、十分に栽培の目が行き届くので、挑戦しましょう。

 

肥料は、有機肥料と化学肥料があります。

有機肥料には、油粕、魚粉、鶏糞、豚糞、牛糞などがあります。

手軽に入手できる、油粕や鶏糞を使うのがいいでしょう。

油粕は効き目が遅く出て(遅効性)、鶏糞は逆に即効性です。

どちらも、作物を植えつける1,2週間前に畑にまいて耕しておきます。

しばらく置いて、土になじませる方がいいです。

 

準備するものはプランター栽培の道具と、更に

・三本鍬(備中鍬)(くわ)(土が軟らかければ平鍬でもOKです)

・テミ(土や小石、引き草などを運ぶのに便利です)

 があるといいです。

 

栽培方法ですが、様々な家庭菜園向けの書籍があります。

お勧めは、有機農業で有名な埼玉県小川町の金子さんの著書です。

 

 

 

 まとめですが、

1.必要な道具の準備

2.土作り(保水力、排水力、堆肥や肥料など)

3.種や苗を植える

です。 

農業は始めるよりも、続けることが難しいんです

今の仕事を辞めて農業を始めるのは
人生が変わる大決断です。
しかし、農業を続けていくことの方が実は難しいです。

農業を始めてしまって生活に困窮している人はもちろん
いずれ農業をしたい人や、農的暮らしに憧れがある人は
今のままでは既存の農家さんにはかなわないでしょう。

長く営農している農家さんは、
栽培ノウハウや農業機械や資材を持っています。
今から農業を始める人が、若くても意欲があっても簡単には敵いません。
しかし、野菜販売のネットショップを扱えることは
ベテラン農家が持っていない武器を持つことになります。


よく「農業は儲からない」と言われるじゃないですか。
それは、農産物の単価が低いからです。
直売所に並べたら他と同じような野菜になってしまいます。
ベテラン農家と同じ場所で売れば勝ち目はありません。

でも、「これだけ思いを込めて作りました!」という気持ちを
直売所ではなくネット上に持っていくとどうでしょうか。
そこにはベテラン農家の野菜はないでしょう。

新規就農者にとってはネット販売は
既存農家に勝てる数少ない場所です。

ネットショップを作ることは
今では簡単になりました。
かつてはホームページ作成業者に数十万円とかの経費を掛けて作るものでしたが、
今では作るだけなら無料でも出来ます。

そして、ネットショップを用意することで、
私のように直売所やイベント販売でアピールして
ネットでも購入して頂くリピーターもいます。


初めての方であれば難しいと想像するでしょう。
しかし、ネットショップのホームページだけなら
3つの項目を入力するだけでできます。

詳しくは、私のブログのこちらのページで書いています。

a0731_000665-3

ネット販売のためのPDFファイルメールマガジンもご用意しています。
お気軽にお読みください。

既存の農家さんも、ポツポツと始めつつありますので
早く知って取り組んで欲しいのです。

カテゴリー別

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る