スポンサードリンク

稲作だけで新規就農

稲作だけをしたい、と思って就農する方が
いらっしゃるかもしれません。

米は、単価が安い割に、コスト(機械)がとても高くなります。
それで、稲作は儲からないとよく言われます。

まず、初期投資(農業機械)を考えてみます。
大雑把ですが、トラクター・田植え機・コンバイン(稲刈&脱穀)です。
トラクター:400~600万円(1馬力10万円が目安)
田植え機:200~400万円
コンバイン:400~1000万円
新品ですが、半端ないです!!

それ以外にも、自前で所有する場合ですが
乾燥機・籾摺り機・精米機・動力噴霧器(農薬散布)・倉庫
が必要になりそうです。
乾燥・籾摺り・精米は外注もありえますが、稲作だけで
生計を立てようとするならば、所有かレンタルか、でしょう。

そして、倉庫です。
たくさんの機械を雨ざらしにするわけにはいかないです。
また、収穫した米(玄米)は貯蔵庫が必要になるでしょう。

初期投資(全部新品)は、3千万とも4千万ともいえます。

・・・自前で用意するのは至難でしょう。
できたとしたら、逆に道楽か、資本家か、と思ってしまいます(笑)。

米農家さんに聞いたことがありますが
最初に挙げた3つの農業機械は、年に1回の使用ですが
耐用年数はかなり短いとのことです。数年で買い替えも。

計算のため、10年使えると仮定します。
よって、年当たり300万円のコストです。

更にランニングコストがあります。
燃料代・電気代・資材代など、毎年です。
こちらは年150万円としましょうか。

ただ、全部を新品で揃えることは有り得ないと思います。
どうやって、状態のよい中古を集めて
自分で機械のメンテナンスができるようになるか
その辺りが成功の鍵になるのではないでしょうか。

次に、収益(売上)についてです。

全国平均では、530kg/反 ということです。
1反は10アール=1000㎡です。
そして、ここ数年の1俵(60kg)の価格を
15000円で計算してみます。

すると、1反当たり13万5000円となります。
稲作は機械化されているので、相当な面積を耕作できるので
3町(=3ヘクタール=30000㎡=3000アール)で
考えてみます。
(参考:甲子園球場2.26ヘクタール)

単純に300倍しますと、売上は450万円になります。

初期投資とランニングコスト、売上で計算すると
(本当に細かいところは省いていますので!!)
1年間で、
経費が、初期投資300万円、ランニングコスト150万円
売上が、450万円

おっと、ちょうど計算しやすくなっていました。
ですが、450万ー300万ー150万=0円
となってしまいました。収入は0です。

このシミュレーションですと全く駄目ですね。

初期投資の農業機械を安く中古で手に入れる。
農業機械の手入れをなるべく自力でして、長持ちさせる。
耕作しやすい田んぼを3町(=3ヘクタール)以上を確保。
売上単価を上げる工夫。

これらの課題をクリアできれば、利益も出てきそうです。

じっくりと計画や土地・機械の手配してから
稲作農家として始めないと、とても生計が成り立たない
ということがおわかりになったと思います。

農業は始めるよりも、続けることが難しいんです

今の仕事を辞めて農業を始めるのは
人生が変わる大決断です。
しかし、農業を続けていくことの方が実は難しいです。

農業を始めてしまって生活に困窮している人はもちろん
いずれ農業をしたい人や、農的暮らしに憧れがある人は
今のままでは既存の農家さんにはかなわないでしょう。

長く営農している農家さんは、
栽培ノウハウや農業機械や資材を持っています。
今から農業を始める人が、若くても意欲があっても簡単には敵いません。
しかし、野菜販売のネットショップを扱えることは
ベテラン農家が持っていない武器を持つことになります。


よく「農業は儲からない」と言われるじゃないですか。
それは、農産物の単価が低いからです。
直売所に並べたら他と同じような野菜になってしまいます。
ベテラン農家と同じ場所で売れば勝ち目はありません。

でも、「これだけ思いを込めて作りました!」という気持ちを
直売所ではなくネット上に持っていくとどうでしょうか。
そこにはベテラン農家の野菜はないでしょう。

新規就農者にとってはネット販売は
既存農家に勝てる数少ない場所です。

ネットショップを作ることは
今では簡単になりました。
かつてはホームページ作成業者に数十万円とかの経費を掛けて作るものでしたが、
今では作るだけなら無料でも出来ます。

そして、ネットショップを用意することで、
私のように直売所やイベント販売でアピールして
ネットでも購入して頂くリピーターもいます。


初めての方であれば難しいと想像するでしょう。
しかし、ネットショップのホームページだけなら
3つの項目を入力するだけでできます。

詳しくは、私のブログのこちらのページで書いています。

a0731_000665-3

ネット販売のためのPDFファイルメールマガジンもご用意しています。
お気軽にお読みください。

既存の農家さんも、ポツポツと始めつつありますので
早く知って取り組んで欲しいのです。

カテゴリー別

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る