スポンサードリンク

産地直売所~苦境の時代

地方の田舎など、道の駅や幹線道路沿いなどに、

産地の直売所がたくさんできました。

こちら、愛媛県でも乱立状態で、市街地や住宅地の近くにもできてきて

利用者は新しいが次々できて、楽しみが増える状態でしょう。

 

 

しかし、直売所の経営・出荷農家は厳しい状況にあるようです。

理由としては、出荷者(生産者)側として

 

1.スーパーのコーナーでも地産地消というキーワードで

  地域の農産物が販売されるようになった

2.地方で農産品がたくさんあり、地元消費者が相対的に少ないとなると

  乱立することで競争激化と価格競争が始まった

3.高齢者の作り残りや大規模農家の多方面進出で、小規模農家が

  1つの直売所での売上が少なく撤退するようになった

 


農業・畜産 ブログランキングへ

このように、生産者にとっては魅力が低くなっています。

 

そして、そのことから、消費者側は

 

1.安売り合戦で、商品が少なくなって魅力がなくなってきた

2.商品の数量が少なく、早い時間に売り切れて目当ての物がない

3.値段が安いため、品質が良くないものが多い

 

という理由で期待しているような農産物が手に入りにくい状態です。

 

産地直売所は、売り手・買い手ともに一時期に比べて厳しい状況にあります。

 

打開策として

生産物を集めて大消費地のアンテナショップで販売もしているようです。

また、地域の素材を使ったご当地グルメを開発して販売したりしています。

 

農業は始めるよりも、続けることが難しいんです

今の仕事を辞めて農業を始めるのは
人生が変わる大決断です。
しかし、農業を続けていくことの方が実は難しいです。

農業を始めてしまって生活に困窮している人はもちろん
いずれ農業をしたい人や、農的暮らしに憧れがある人は
今のままでは既存の農家さんにはかなわないでしょう。

長く営農している農家さんは、
栽培ノウハウや農業機械や資材を持っています。
今から農業を始める人が、若くても意欲があっても簡単には敵いません。
しかし、野菜販売のネットショップを扱えることは
ベテラン農家が持っていない武器を持つことになります。


よく「農業は儲からない」と言われるじゃないですか。
それは、農産物の単価が低いからです。
直売所に並べたら他と同じような野菜になってしまいます。
ベテラン農家と同じ場所で売れば勝ち目はありません。

でも、「これだけ思いを込めて作りました!」という気持ちを
直売所ではなくネット上に持っていくとどうでしょうか。
そこにはベテラン農家の野菜はないでしょう。

新規就農者にとってはネット販売は
既存農家に勝てる数少ない場所です。

ネットショップを作ることは
今では簡単になりました。
かつてはホームページ作成業者に数十万円とかの経費を掛けて作るものでしたが、
今では作るだけなら無料でも出来ます。

そして、ネットショップを用意することで、
私のように直売所やイベント販売でアピールして
ネットでも購入して頂くリピーターもいます。


初めての方であれば難しいと想像するでしょう。
しかし、ネットショップのホームページだけなら
3つの項目を入力するだけでできます。

詳しくは、私のブログのこちらのページで書いています。

a0731_000665-3

ネット販売のためのPDFファイルメールマガジンもご用意しています。
お気軽にお読みください。

既存の農家さんも、ポツポツと始めつつありますので
早く知って取り組んで欲しいのです。

カテゴリー別

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る