スポンサードリンク

「ぶどうが品不足です」と直売所からの悲鳴です

 

この夏、特にお盆や週末には
町内にある農産物直売所から、悲鳴のようなメールが届きます。

「ぶどうが品不足です」

「梨の出荷をお願いします」

「トマトも足りません」

生産者登録してある人に一斉メールが送られてきます。
朝からメールが届いているので
すでにお客さんも多く、飛ぶように売れて野菜果物が少なくなっているようです。

 

こんな、あれば売れる状況の時には

「この日のために作っておけば良かった・・・」

と思ってしまうのです。

 

・夏から秋にかけての果物 

 直売所にもよるんでしょうけど
夏から秋にかけては、夏休みやお盆、秋祭りなど行楽シーズンで
この時期は果物がとれます。

6月の梅
7月からの梨、桃
8月・9月のぶどう
9月からの栗
と、次々に果物が出てきます。

それ以外にも、
イチジク、スモモ、ブルーベリー、キウイ、スイカ
なども見かけます。

こういった、毎日食べるわけではなく
旅行やドライブに行った先に売ってあれば
ついつい食べたくなって、持って帰ったり贈答に使ったり
財布のヒモが緩んで、買ってもらえます。

 

・年1回のバクチ

 果物は年に1回しか収穫ができず
収穫まで無事に育てられるか、というバクチのような作物です。

木になるものなので、苗木を植えてから
数年後にようやく収穫です。
かなり長期計画でしないといけない、ハイリスクハイリターンの農業ですね。

台風が来て、収穫前のリンゴがボタボタと落ちてしまった、
というニュースは有名だと思います。

 

・栽培技術と販路

果物の栽培には、時間もかかるし技術の習得も時間がかかります。
大きな産地であれば、農協などを通じて技術も販売もしっかりしているし
地元の直売所であれば、来客の多い週末の連休やお盆などに
ちょうどよく収穫できると、バンバン売れるんだろうな、と。

農業を始めたい人にとっては
時間も資金も余裕がそれほどないかもしれません。

しかし、やはり果樹農家でも後継者不足はよく聞きます。
人がいなくて、農園を縮小したり閉園したりしています。
そういった、作る人がいなくなりそうな
果樹園を譲り受けて農業を始めるのも、一つの手段かなと思ったりします。

この時期に、バンバン飛ぶように売れる果物を見ていると
ナシとか、苗木を買って植えようかなと考えてしまう筆者でした(笑)

 

農業は始めるよりも、続けることが難しいんです

今の仕事を辞めて農業を始めるのは
人生が変わる大決断です。
しかし、農業を続けていくことの方が実は難しいです。

農業を始めてしまって生活に困窮している人はもちろん
いずれ農業をしたい人や、農的暮らしに憧れがある人は
今のままでは既存の農家さんにはかなわないでしょう。

長く営農している農家さんは、
栽培ノウハウや農業機械や資材を持っています。
今から農業を始める人が、若くても意欲があっても簡単には敵いません。
しかし、野菜販売のネットショップを扱えることは
ベテラン農家が持っていない武器を持つことになります。


よく「農業は儲からない」と言われるじゃないですか。
それは、農産物の単価が低いからです。
直売所に並べたら他と同じような野菜になってしまいます。
ベテラン農家と同じ場所で売れば勝ち目はありません。

でも、「これだけ思いを込めて作りました!」という気持ちを
直売所ではなくネット上に持っていくとどうでしょうか。
そこにはベテラン農家の野菜はないでしょう。

新規就農者にとってはネット販売は
既存農家に勝てる数少ない場所です。

ネットショップを作ることは
今では簡単になりました。
かつてはホームページ作成業者に数十万円とかの経費を掛けて作るものでしたが、
今では作るだけなら無料でも出来ます。

そして、ネットショップを用意することで、
私のように直売所やイベント販売でアピールして
ネットでも購入して頂くリピーターもいます。


初めての方であれば難しいと想像するでしょう。
しかし、ネットショップのホームページだけなら
3つの項目を入力するだけでできます。

詳しくは、私のブログのこちらのページで書いています。

a0731_000665-3

ネット販売のためのPDFファイルメールマガジンもご用意しています。
お気軽にお読みください。

既存の農家さんも、ポツポツと始めつつありますので
早く知って取り組んで欲しいのです。

カテゴリー別

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る