スポンサードリンク

就農場所~最初の就農活動

どこで農業を始めるか?

先祖代々、農家をしているところは、元々農地を持っていて、

仕事のために地元を離れていても、

戻ってくればいつでも農業を始められる土地があります。

 

しかし、新規就農者の場合、多くは農地を持っていません。

ですから、どこで農業を始めるかを決めなければなりません。

これは一番最初でなくていいのですが、

行ったこともない、農業研修や体験でその地域を知らないという状態だと、

思わぬことがありえます。

 

新規就農した知人は、全国の農業研修場所を転々としたと聞きました。

多く見て回り、この地にしようと決断できるなら、

いろいろ動いてみる価値はあると思います。

 

個人的なことですが、私の場合です。

就農する場所(市町村)は、何回か訪れて、

有機農家で研修する話で、その地に決めました。

移住者が多く、新規就農者が多かったのも決め手です。

研修中に家や畑を探していました。

ある地域に目をつけて、空き家を探して、手直しをしつつ移り住むことに。

養鶏をすることに決めてからは、希望する地域で、

民家の近くでニワトリを飼ってほしくないという周囲の要請で、

なかなか鶏小屋を建てる場所が決まらず。

研修後、この空き家に移り住んで6か月で、その場所を諦めました。

(幸い、行政や研修先のご助力で、その地域の別の場所で、

空き家と田畑をセットで借りることができ、養鶏を始めました)

就農しようとする地域は、そこの住民の方とコミュニケーションをとり、

情報収集するべきだと思います。

 

新規就農者にとって、農地を選択することができるというのは、

既存農家にはない最大のカードです。

しかし、これを就農するときに最初に切らなければならないのです。

農業をするのに便利な土地か、出荷販売をするのに利点があるか、

周囲の環境・地域の住民に馴染めるか。

十分に慎重に就農場所を選びましょう。

多くの地域の都道府県・市町村へ足を運ぶことになるかもしれません。

 

 


農業・畜産 ブログランキングへ

 

 

具体的に、就農場所をどうやって決めているのか、

改めてお伝えしていこうと思います。

農業は始めるよりも、続けることが難しいんです

今の仕事を辞めて農業を始めるのは
人生が変わる大決断です。
しかし、農業を続けていくことの方が実は難しいです。

農業を始めてしまって生活に困窮している人はもちろん
いずれ農業をしたい人や、農的暮らしに憧れがある人は
今のままでは既存の農家さんにはかなわないでしょう。

長く営農している農家さんは、
栽培ノウハウや農業機械や資材を持っています。
今から農業を始める人が、若くても意欲があっても簡単には敵いません。
しかし、野菜販売のネットショップを扱えることは
ベテラン農家が持っていない武器を持つことになります。


よく「農業は儲からない」と言われるじゃないですか。
それは、農産物の単価が低いからです。
直売所に並べたら他と同じような野菜になってしまいます。
ベテラン農家と同じ場所で売れば勝ち目はありません。

でも、「これだけ思いを込めて作りました!」という気持ちを
直売所ではなくネット上に持っていくとどうでしょうか。
そこにはベテラン農家の野菜はないでしょう。

新規就農者にとってはネット販売は
既存農家に勝てる数少ない場所です。

ネットショップを作ることは
今では簡単になりました。
かつてはホームページ作成業者に数十万円とかの経費を掛けて作るものでしたが、
今では作るだけなら無料でも出来ます。

そして、ネットショップを用意することで、
私のように直売所やイベント販売でアピールして
ネットでも購入して頂くリピーターもいます。


初めての方であれば難しいと想像するでしょう。
しかし、ネットショップのホームページだけなら
3つの項目を入力するだけでできます。

詳しくは、私のブログのこちらのページで書いています。

a0731_000665-3

ネット販売のためのPDFファイルメールマガジンもご用意しています。
お気軽にお読みください。

既存の農家さんも、ポツポツと始めつつありますので
早く知って取り組んで欲しいのです。

カテゴリー別

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る